その他

2021年7月26日 (月)

ポストバイオティクスとは?①

こんにちは。

LGG菌サムライです。

 

さて、ポストバイオティクス(postbiotics)という言葉をご存じでしょうか?

この言葉は、10年ほど前から主に「死菌体」と呼ばれるものに使用されてきたそうです。

しかし、その定義が曖昧なことから、今年(2021年)の5月に

ISAPP(International Scientific Association of Probiotics and Prebiotics)が

「postbiotics」の定義と範囲に関する共同声明を発表しました。

その文献が下記となります。

※Salminenら(2021)Nature Reviews Gastroenterology & Hepatology

『The International Scientific Association of Probiotics and Prebiotics (ISAPP)

consensus statement on the definition and scope of postbiotics』

  

このブログでは、過去に「プロバイオティクスとは?」というテーマで

いくつか記事を書いているかと思いますが、今回は上述した論文をもとに

「ポストバイオティクス」について書いてみたいと思います。

  

まず、似たような言葉に「プロバイオティクス」「プレバイオティクス」

「シンバイオティクス」があります。

これらもISAPPが定義付けしていますので、復習も兼ねて、それぞれご紹介します。

  

<プロバイオティクス>

定義:「適切な量を投与することで、宿主に健康上の利益をもたらす生きた微生物」

L. rhamnosus GGは、まさに生きた微生物で、宿主の健康に有益な効果

(例えば整腸作用やアトピー予防など)を示すことからプロバイオティクスですね。

  

<プレバイオティクス>

定義:「宿主の微生物が選択的に利用することで、健康上の利益をもたらす基質」

例えば、オリゴ糖や一部の食物繊維(イヌリンなど)などは代表的なプレバイオティクスです。

これらは、ビフィズス菌のような宿主由来の善玉菌を増やすことで、宿主の健康に寄与します。

  

<シンバイオティクス>

定義:「生きた微生物と宿主微生物が選択的に利用する基質からなる混合物で、宿主に健康上の

利益を与えるもの」

元々、シンバイオティクスは「プロバイオティクスとプレバイオティクスの組み合わせ」と

考えられていました。つまり、“ただ混ぜただけ”ということになります。

この場合、投与されたプロバイオティクスは自身の効果を発揮し、プレバイオティクスは

“宿主由来の優良な自生の微生物”に利用されることで効果を発揮するという、別々の機能を

補完するだけでした。

しかし、ISAPPの定義によって、宿主由来の自生の微生物以外に、“プロバイオティクスの

ように外部から適用された微生物も、シンバイオティクスに含まれる基質のターゲットとなり得る”、

となりました。

これによって、相乗的な意味が含まれるようになりました。

  

そして、この3つの定義に加え、今回の声明にて『ポストバイオティクス』という

新たな定義が加わることになりました。

  

少し疲れましたね。

 

  

つづく。

2021年4月30日 (金)

ヨーグルトにお酢を入れる???

こんにちは。

トヨエモンです。

 

以前、「毎日大さじ1杯のお酢が良い」というような

テレビ番組か何かあったのでしょうか???

私は知りませんが・・・(笑)

 

ただ、ヨーグルトにお酢を入れている方もいるようで、

そんな話を聞いたら、

お酢を入れてもL. rhamnosus GGが生きているのか気になってしまいます。

 

そこで、前回に引き続き、今回もゆる~い検証実験です!(笑)

 

 

さて、まずは酢を準備しましょう!と研究所内を徘徊しますが見つかりません・・・。

前回のコーヒーフィルターにしろ、お酢にしろ、誰かに聞けば出てくるはずですが、

(弊社は食品会社なので)

研究をやっている人間が、開発の所に行って、急に「押忍!お酢ください!!」なんて言ったら、

必ず「何に使うの?」って聞かれます。

こんなお遊び・・・いや崇高な研究(笑)をしているところを、

誰かに知られるわけにはいきませんbleah

 

そこで頭を使って、試薬の酢酸を使用することにします。

酢酸のビンなら持っていても怪しまれないはず!

 

 

市販の酢はだいたい酢酸濃度が3~5%らしいのですが、

今回は少し強めの4%に調整しました。

 

Img_5718

(字が汚い!)

 

 

次に、市販のL. rhamnosus GGが入っているヨーグルト(100グラム)を

よく振ってドロドロにします。

Img_5738

ドロドロの状態になりました。

 

お酢が入っていない時の菌数を確認するため、

少量を別に取り分けます。

 

 

そして、先ほど準備した4%酢酸溶液を

「ヨーグルト1個に対して大さじ1」になるよう計算して加え、

よく混ぜます。

なぜ計算するかと言うと、少量を別に取り分けたからですね。

  

通常、開封して5分もあれば食べ終わると仮定して、

酢酸を加えてから5分間静置しました。

Img_5739 

 

ちなみに、各ヨーグルトのpHは、お酢入り3.94、お酢なし4.18でした。

ただ、最近pHの測定なんてしていなかったので、

本当にこの値が正確なのだろうか・・・トヨエモンは自信ありません!!

 

 

少し脱線しましたが、5分間静置した後に適宜希釈して、

培地に播いて培養しました。

 

 

3日後、こんな感じにコロニーが出てきました。

左:お酢入り、右:お酢なし、です。

Img_5744

やっぱり字が汚くてすみません!!

そして、希釈倍率間違えました・・・。

1枚の培地に対して、コロニーの数が少し多すぎですね・・・。 

ただ、どちらも数はほとんど変わらないように見えますconfident

 

 

とりあえず両方ともコロニーの数を数えます。そして、お酢入りの方は、

お酢を入れた分だけ薄くなっているので、補正します。

 

 

補正した結果、最終的な数がお酢入り:441個、お酢なし:431個。

要するにお酢を入れて5分間放置しても、

L. rhamnosus GGは全く死んでいないという結果になりました!shine

(10個は誤差の範囲…)

 

今回は飽くまで一例にすぎません。

使っているお酢の種類、加える量、加えてからの時間などによって

結果が変わってくる可能性もあることを最後に付け加えさせていただきます。

 

 

おしまい。

 

2021年4月26日 (月)

ペーパークロマトしたら悪魔を召喚してしまった???

こんにちは。

トヨエモンです。

  

さて、先月まで

L. rhamnosus GGからマルチモーダルクロマトグラフィーで線毛を簡単に採る方法」

についての論文を、3回にわたって紹介してきました。

 

その第1回目では、クロマトグラフィーを説明するために、

紙を使った「ペーパークロマトグラフィー」を例にしてみました。

そこで今回は、実際にペーパークロマトをやってみましょう!

 

尚、『さんそうけんサイエンスタウン(https://www.aist.go.jp/science_town/)』の

コンテンツに、ちょうど良いのがあったので、これに沿ってやってみます。

 

まずコーヒーフィルターを用意します!と思ったら、見当たらず・・・。

いきなり躓きます(汗)

そこで実験室にあった大きめの濾紙を短冊状に切って使うことにしました。

Img_5719_2

ろ紙(↑)

 

Img_5720

  

 

短冊状に切った濾紙の片端から2cmくらいのところに

鉛筆で線を引きます。

ここがスタートラインとなります。

Img_5721

 

 

この線の上に、水性ペンで点をつけます。

Img_5722

Img_5723

こんな感じに、今回は黒のペンで印をつけました。

 

 

そして、濾紙の端(点をつけてない方)を割り箸に挟んで留めます・・・

と思ったら、割り箸も見当たらなかったので、仕方なく実験室にあった薬さじに

セロテープで貼りました。

  

つぎに透明なコップに深さ1cmくらいになるよう水を入れ、

先ほど用意した短冊状の濾紙の先端(マーカーで点を付けた方)を

水面に浸します。

この際重要なのは、マーカー部分を水につけないことです。

Img_5725

 

 

すると、毛管現象によって水が濾紙を伝って登ってきます。

Img_5726

水が登っているのが見えますでしょうか???

 

 

5分経って、こんな感じになりました。

水性ペンでマークした点が水に溶け、だいぶ広がってきましたね!

Img_5728

 

 

10分後・・・。

Img_5730

上側が少し青く、下側が少し黄色く見えます。

 

  

20分経ちました。

Img_5731

ん???

何か角みたいのが生えてきました・・・。

 

 

30分後。

Img_5733

色がきれいに分かれるというより、

角みたいのが立派になってしまいました(笑)

 

 

引き上げて乾燥させます。

Img_5734

 

よく見ると、黒山羊の頭をした悪魔(バフォメットって言うらしい)のようにも。

黄色の部分がヒゲっぽく見えてしまいます。

Img_5735

もしや悪魔を召喚してしまったのか・・・。

 

 

ちなみに、今回上手く分離できなかったのは、

マークが濃すぎるのが原因だと思われます。

毛管現象で上がってくる水の量に対して、インクの量が多すぎるのです。

また、マークした部分に大量のインクがあると、それが抵抗となってしまい、

水が登りづらくなると考えられます。

その結果、真ん中だけ水が登りづらくなり、

そこが凹んで角のようなものができてしまったのでしょう。

 

つまり・・・失敗ですねw

 

試してみようと思った方は、

上述した産総研のウェブを参考にしてください。

  

 

おしまい。





 

2021年2月19日 (金)

ムーンライティングタンパク質

こんにちは。

トヨエモンです。

 

先日は宮城で震度6強の地震がありました。

3.11の余震と言われていますが、

10年後にも余震がくるなんて初めて知りました。

 

さて、昨年(2020年)9月に「p75というタンパク質の研究」という

シリーズで記事を書きました。

そのなかで、ムーンライティングタンパク質というワードがあったことを、

おそらく誰も覚えていないでしょう・・・笑

唐突ですが、今回はムーンライティングタンパク質について

書こうと思います。

 

ムーンライティングタンパク質(ムーンライトタンパク質と呼ぶこともある)は、

英語だと”Moonlighting proteins”です。

パッと見、「”月の光”だなんて、何だかステキな名前!」と思ってしまいます。

(トヨエモンはそう思っていました・・・汗)

でも実際は、「Moonlighting=(内緒の)副業」という意味らしいです。

つまり、ムーンライティングタンパク質とは

”本業である機能のほかに加えて、(副業として)別の機能も示すタンパク質”

のことを言います。

 

前述した昨年の記事のなかで、L. rhamnosus GGが作る「p75」というタンパク質は、

二つの異なる機能をもつことが報告されていることを紹介しました。

一つ目は、Vanderbilt大学のYan先生が報告した「Aktシグナルを介して

腸管上皮の恒常性を保つ機能」、

二つ目は、Lebeer先生たちのグループが報告した「細胞壁を分解する機能」です。

そして、「p75」の場合は、構成するアミノ酸配列を見る限り、

本来は「細胞壁分解酵素」です。

 

そう考えると、報告された順番は逆ですが、p75というタンパク質は、

本業が「細胞壁分解酵素」、

副業として「Aktシグナルを活性化して、宿主の腸管上皮に良い影響を与える」

というムーンライティングタンパク質だと言えるでしょう。

 

現在、様々なムーンライティングタンパク質がわかってきており、

細胞の中でも場所によって違う働きをするもの、

細胞の中と細胞の外で全く違う働きをするもの、

など色々なものがあり、とても興味深いです。

ただ、おそらく、この記事に興味をもつ方はほとんどいないので、

「つづく」にはしませんが・・・。

気が向いたら、続編を書きたいと思います。

 

おしまい。

2020年5月26日 (火)

春もおしまいです・・・

こんにちは。

トヨエモンです。

 

ちょっと前の話ですが、会社の敷地に生えていた

この花をみて、

Img_5151

 

後輩が

「あっ、ケシだ!」って言ってたので、

トヨエモンは

「それ、ポピーじゃないの?」

と返しました。

 

うちの周りにも沢山咲いていて、花はとても可愛いのだけれど、

外来種がはびこっているようにしかみえないので、

すぐに引っこ抜いていました。

 

ただ、ずっとポピー(よく植えられている種類)だと思っていて、

調べたこともなく、今回初めて調べてみました。

 

『ナガミヒナゲシ』

 

っていうんだそうです。

そして、ポピーってケシ科というのを初めて知りました・・・。

poppyとポピーとケシとヒナゲシとか、

名前などなど詳しいことはWikiってください(笑)

 

おそらく後輩が変なことを言わなければ、

ずっと園芸ポピー(ヒナゲシ)だと思いこんでいたことでしょう。

改めて自分の無知さを思い知らされました。

 

ちなみにヒナゲシやナガミヒナゲシは別に問題のある植物ではありません。

ただ、不正な種類も野生化しているようで、

綺麗な花だからと持って帰ったり、栽培しちゃった日には捕まるかもしれません。

(故意でなければ罪には問われないらしいですが)

不正な種類を見つけたら、まずは警察や保健所に連絡を!

 

一方、弊社のバラ園は、新型コロナの影響でバラの会の方たちが活動できず、

花は咲いていても整備されていないため、例年の綺麗さがありません・・・。

Img_5153

Img_5154

Img_5155

もちろん外部の方が見学することもできません。

 

 

今年は花見もできず、春を感じることもほとんどなく、

間もなく夏です・・・。

 

poppy・・・やたらHoppyが飲みたくなってきた^^;

 

おしまい。

2020年1月31日 (金)

新型ウイルス

こんにちは。

トヨエモンです。

 

世間を騒がせている新型コロナウイルス。

1月中旬以降、連日のようにニュースの最大トピックになっています。

先日、ドラッグストアに行ったら、開店と同時にたくさんの人が

マスクと殺菌剤のコーナーに群がっていました。

 

さて、感染が発覚した中国の武漢市は、

Wikipediaによるとおおよその人口は1,100万人、

面積は8,600km2、人口密度は1,300人/km2だそうです。

ただ、都市圏になると、

人口と人口密度はそれぞれ約850万人と約5,200人/km2になります。

 

一方、我が国の東京都は人口が約1,400万、人口密度は6,400人/km2となっており、

この数値だけでリスクを語ってはならないものの、

いつ武漢のようになってもおかしくないと感じてしまいます。

しかも、実際に日本でも感染者数がどんどん増えているので、

事態はすぐには収束しないのではないでしょうか?

 

とは言え、個人でできる対策は限られていて、

手洗いの徹底、マスクの着用、なるべく人混みを避ける等、

インフルエンザ対策と同じです。

  

ただ、私の感覚だと日本人の手洗いやマスク着用に対する意識は

高い方だと思っているので、

個々の力で少しでも感染拡大を抑えられるのではないかと

期待もしてしまいます。

(アメリカでマスクをしていると重病人か怪しい人だと思われる・・・)

特に、この時期はインフルエンザ対策として

すでに対策を講じている方が多いですし。

 

とにかく、これ以上事態が深刻にならないことを

祈るばかりです。

 

おしまい。

2020年1月 5日 (日)

新年のご挨拶とトイレ事情

こんにちは。

トヨエモンです。

 

そして、少し遅いですが明けましておめでとうございますfuji

明日から仕事始めの方が多いと思いますが、

皆さまどのような年末年始を過ごされたのでしょうか?

 

 

Img_5010

 

 

トヨエモンは昨年末書いたように、

トイレが壊れたまま2020年を迎えました(笑)

なので、自分の出した大小をポリタンクに溜めた水で流しています!

流れとしては、

1)いつも通り便座に座って出す

2)終わりが近づいてきたらマイナスドライバーで水栓を開く

3)ウォッシュレットで洗う

4)拭く

5)手を洗う

6)ポリタンクで一気に水を流す

7)水栓を閉じる

 

こんな感じです。

2)で水栓を開けるのはウォッシュレットを使うためです。

トイレにマイナスドライバーを常備したのは生まれて初めてです(笑)

 

あと6)で流すのにペットボトルとかを使ってみましたが

勢いがないので全然ダメ。

ポリタンクも小さな口しかないやつはダメ。

勢いという点ではやっぱりバケツが最強!

ただしバケツは汲んできてからこぼすリスクが・・・。

幸いウチのポリタンクは大きな口があるので、

こちらを使用しています。

(何の説明してんだろ!?)

 

だいぶ慣れてきたとはいえ、やっぱり不便。

明日には修理の連絡がくることを祈るばかりです。

ただ、きっと将来、2020年といえば

オリンピックより正月からう◯こを流すのが大変だった・・・

ってネタにしてんだろうな〜

 

Img_5014

おしまい。

 

 

2019年12月28日 (土)

2019年もご覧いただき有難うございました!

こんにちは。

トヨエモンです。

 

早いもので今年もあと3日。

2019年は平成から令和へと元号が変わり、

時代が大きく変わった年でした。

 

そんな時代の節目だった年の終わりだというのに、

今日いきなりトイレが壊れました。

年末年始は平和に過ごすはずだったのに。。。

 

業者がすでに休みらしく修理は1/6以降だとか・・・。

その間、出したモノはしばらくバケツで流すことになりましたweep

2019年最後のブログがこんな汚い話題ですみませんsweat01

 

ということで、こんなゆる〜いブログを

今年もご覧いただき有難うございました!

2020年もゆる〜く更新していきたいと思います。

 

皆さま、よいお年をm(_ _)m

 

  

おしまい。

2019年12月22日 (日)

ナッシュビルに行ってきた②

こんにちは。

トヨエモンです。

 

2019年も残り10日間、12月に入ってバタバタで

少し時間が空いてしまいましたが、前回の続きです。

 

寒波のなかナッシュビルに着いたトヨエモン。

とりあえずホテルに向かうものの、

チェックインの16時まで小一時間あります。

 

そういえば、何回も訪れている割にいつもV大学とホテルの往復だけで、

ナッシュビルの紹介をできるようなことをほとんどしていないっsweat01

まあ、仕事なんで別に構わないんですけど。。。

ただ、仕事の内容はブログにできないし、やはりネタを作らねば!

と言うことで、以前閉館時間を過ぎて入れなかった(※当時そう思っていた)

パルテノン神殿へ行くことにしました。

(本当はホテルのロビーにいたかった・・・)

途中、昼飯を忘れていたことに気づき、近くのファーストフード店で

サクッとランチを済ませます。

 

Img_4902

見えてきました!

実はこれ、ギリシャのパルテノン神殿の等身大レプリカです。

 

なんでこんな建物があるのでしょう?

現在、ナッシュビルはミュージックシティとして有名ですが、

もともと『南部のアテネ』と呼ばれていました。

そして、1897年にナッシュビルで開催された万博のシンボルとして

このレプリカが建てられたとのことらしいです。

 

Img_4913

こちらは反対側からの写真。

今回知ったのですが、実は湖のあるこっち側が正面です。

以前閉館したと思っていたのは、裏側だったからということが判明・・・。

ちなみに入口は地下。トヨエモンは分かるまでにかなりの時間がsweat01

 

入場料6ドルを支払い、いざ中へ!

Img_4906

これがもっとも目玉である黄金のアテナ像。

とにかく大きいです。

Img_4909

アテナがもつ盾も横からみられます。

とにかくデカイ!

 

神殿内は基本的に万博の歴史博物館+美術館になっていて、

万博当時の記念品などが展示されています。

そして、万博とは関係無い現代アート(絵画)も展示されています(笑)

 

Img_4914

パルテノン神殿はセンテニアル・パークという大きな公園内にあります。

以前来たときはリスが走っていましたが、今回は寒すぎたのか、

寂しい感じでした・・・

 

Img_4915

2020年につづくかも・・・!?

2019年12月 1日 (日)

ナッシュビルに行ってきた①

こんにちは。

トヨエモンです。

 

11月中旬のことですが、

米国はテネシー州ナッシュビルにあるヴァンダービルト大学に行って、

Fang Yan先生に会ってきました。

Fang Yan先生といえば、LGGからp40とp75というタンパク質を

見つけた方で、このブログでもチョイチョイ名前が出てくる方です。

 

 

で、今回はシカゴは経由だったのでオヘア空港に到着。

アナウンスでは外は–15℃とか言ってるけど、

乗り換えだし外にでることないだろうと安心していたら、

Img_4888

「シャトルバスに乗れ」って見事に外に出されました・・・。

オヘア空港って電車みたいのあったような気が!?

(あとで調べたらメンテ中らしいです)

雪積もっています・・・。

防寒着はスーツケース。

日本の秋の格好で−15℃はヤバいです。

Img_4891

幸いシャトルにはすぐ乗れて、凍え死なずに国内線のターミナルへ。

 

ただ、ナッシュビル行きの飛行機はなかなかゲートが定まらず、

何度もゲートを移動するわ、やっと搭乗しても飛ばない・・・

 

これもあとで知ったことですが、この日は米国中が大寒波で

てんやわんやだったみたいです。

 

Img_4892

  

足元が凍って滑ってしまい空港作業員も大変そう。

シカゴなんてしょっちゅうこんな感じだから慣れてそうなものだけど、

やはり急な寒波には手こずるのでしょうか???

 

Img_4895

そんなこんなで、どうにかナッシュビルに着きました!

ぱっと見、天気も良くて暖かそうですが、実は–5℃くらいです(笑)

 

ナッシュビルには5、6回来てるはずなんだけど、

今回が一番疲れた気がします・・・

 

Img_4896

つづく。