論文

2020年6月19日 (金)

乳児疝痛(コリック)

こんにちは。

トヨエモンです。

 

過去、このブログでは、世界最大級の医学文献データベース『PubMed』で

LGGの論文を検索したときのヒット数をチョイチョイ報告していました。

ちなみに今日(2020年6月19日)のヒット数は1,400件以上、

2020年だけでも既に64報が報告されています。

つまり、LGGに関連する研究は世界中で今も着々と進んでいるのです。

 

で、最近発表された論文をざっと確認していたら、

乳児疝痛(にゅうじせんつう、コリック)に関する論文がありました。

 

健康な赤ちゃんが原因不明で泣きぐずることを、

日本では『黄昏泣き』とか『夕暮れ泣き』と呼ぶそうです。

(トヨエモンは初めて知りましたw)

昔は何故泣いているのか解らず、生後数か月でおさまるので、

仕方がないと思われていたようですが、

海外では赤ちゃんの胃腸の痛みや不快感が原因の一つだと考えられていて、

infantile colic(コリック)と呼ばれ、早くから研究が進んでいたらしいです。

 

そして、胃腸の不調と言えば、やはりプロバイオティクス。

実は2015年にフィンランドのツルク大学の研究チーム

(このブログでも名前が出てくるSeppo Salminen先生や

Erika Isolauri先生のチーム)が、

LGGと乳児疝痛の研究について報告しています(※1)。

 

ただ、この報告では、

LGG投与群とプラセボ群(LGG無し)を比較したときに、

赤ちゃんの泣きぐずりの時間に変化はみられませんでした。

しかし、その親御さんたちにとっては、

LGG群の方が“有意に泣きぐずりが少ない”と感じていたことが分かり、

LGGの効果が期待されました。

 

そして、今回のイタリアのチームが発表した論文(※2)では、

LGG投与群で泣きぐずりの時間が有意に短くなったことが報告されました。

 

今後、このようなエビデンスが蓄積されていけば、

LGGの乳児疝痛に対する効果が確固たるものになっていくのでしょう。

そして、赤ちゃんとその御両親が少しでもハッピーになれるのであれば、

LGGの研究をしている拙者らも嬉しい限りです。

さらなる研究の進展が楽しみですね。

  

おしまい。

 

 

※1 Partty et al. Pediatr Res (2015) 78:470-5.

※2 Savino et al. Nutrients (2020) 12:E1693.

2020年4月18日 (土)

なんで気付かなかったのか・・・

こんにちは。

トヨエモンです。

 

先日地方の新型コロナ感染について書いたと思ったら

やはり全国に緊急事態宣言が出ましたね。

 

3月の連休から2週間後に感染者数が一気に跳ね上がったので、

そのデータをもとに、今回の宣言を出したとのことです。

確かに厚生労働省のHPを見ると、3月の連休あとから急に増えだして、

4月7日辺りから、ワーっとなっています。

そりゃ、GWに外出しないで、ってなりますね。

 

さて、トヨエモンは大切なことを忘れていました。

そう、LGGと肺炎の論文を検索していないんです・・・。

こんなにブログのネタとして最適なはずなのに。

ホント、アホなんじゃないかと自分で思ってきましたsweat02

 

で、早速PubMedで

“lactobacillus” “GG” “pneumonia”をキーワードに検索してみます。

 

すると、10件ヒット!

01_2

 

その中で、LGG以外のプロバイオティクスを一緒に使っているものを除くと、

下の表のように8件になりました。

 02  

 

当然、コロナに対する研究なんて無いのは分かっていたけど、

人工呼吸器関連肺炎(VAP)とかに対する研究があるんだと思うと、

改めてLGG乳酸菌の懐の深さに気付かされましたhappy02

 

因みに1の論文に関連してですが、

LGG乳酸菌と呼吸器感染の研究については

「おしえて!LGG乳酸菌」(旧LGGラボ)にも掲載されています。

リンク先:https://lgglab.jp/index.html

ご参考までに。

 

おしまい。

2020年4月15日 (水)

補足:LGGとウイルス感染について調べてみた!

こんにちは。

トヨエモンです。

 

緊急事態宣言が発令されて早一週間。

一昨日は600人前後、昨日は新規感染者数が300人前後と

この2日間は少し下がってきていますが、このあとはどうなるのでしょうか?

 

そういえば、東京都が外出自粛要請を出した週末は、

茅ヶ崎には人がいっぱいでしたねw

ウチの前の通りには、駅から海方面に向かう人たちが

ひっきりなしに歩いていました。

どうみても地元の人ではない。。。

まあ、茅ヶ崎なんて都内へ通勤している人もたくさんいるし、

それなりに人口もいるのでリスキーですが。。。

 

ただ、こういった状況を見ていると、

首都圏からどんどん拡散していく状況をひしひしと感じるわけで、

今後はさらに地方での感染・死亡報告が増えていくんだろうと思います。

(もう増えているような・・・)

あと、緊急事態宣言が1週間早く出てれば・・・

 

と、前置きが長くなってしまいましたが、

前回の「LGGとウイルス感染について調べてみた!」を出したら、

Jさん(なぜかこのブログによく出てくる他社の人w)から

「保育園や幼稚園でダブルブラインドのヒト試験をやればロタウイルスへの

効果がわかるのかな」

というコメントをいただきました。

 

実は、ロタウイルス感染はLGGの十八番で、

古くから多数の臨床試験がされており、

メタ解析もされています(しかも度々更新されている)。

そういったエビデンスの蓄積があるので、

EUでは小児の急性胃腸炎の治療ガイドラインに

LGGと経口補水の併用が推奨されているくらいです。

 

実際、PubMedで”lactobacillus” “GG” “rotavirus”で検索すると

動物試験なども含まれますが、59件ヒットします。

 

Pubmed_rota

  

前回は、絞り込むために検索ワードを

”lactobacillus" "GG" "virus" "infection”

とinfectionをつけたので、

ロタウイルスに関するヒト試験等はヒットしなかったのです。

 

というか、ロタウイルスがいっぱいヒットしちゃうと思って、

あえて避けるために絞り込んだら、

ヒットして欲しかったHatakkaやHojsakの論文も

引っかからなかったんです。

世の中、そう上手くはいかんです・・・。

 

  

おしまい。

2020年3月16日 (月)

LGGとウイルス感染について調べてみた!

こんにちは。

トヨエモンです。

 

新型コロナウイルスの猛威は止まりません。

すでに15の国と地域で、非常事態宣言 or 緊急事態宣言が出されております。

先日の阿部安倍首相の話では日本は未だそこまでいっていないとのこと。

ただ、今後どうなることやら・・・。

 

こんな状況のなか、プロバイオティクスの免疫調節作用が

また脚光を浴びてるらしいです。

そこで、トヨエモンは論文検索サイトPubMedを使って、

LGGとウイルス感染について調べてみましたw

  

まず、Lactobacillus GGとウイルスで調べてみます。

(検索ワードは"lactobacillus" "GG" "virus")


Pubmed01_2

   

34件引っかかりました。

ちょっとチェックするのが億劫ですw

 

なので感染も検索ワードに加えます。

(検索ワードは"lactobacillus" "GG" "virus" "infection")

 

Pubmed02

 

  

すると18件に絞られました。

これらの要旨をチェックすると、内訳はこんな感じになりました。

 

Hyou03

 

LGGといえば、やはりロタウイルス感染が有名なので、

それなりに引っかかります。

 

もっと面白かったのが、呼吸器感染の論文が計8報も引っかかったこと!

勿論、新型コロナウイルスは出てきませんw

でも、インフルエンザと風邪(ライノウイルス、ピコナウイルス)などの

名前が出てきました。

ただ、要旨を読む限り「数値的はLGGを摂取したグループの方が良いけど、

統計的な有意差まで出ていない」や、「効果を確認するには更なる試験が必要」など、

慎重な結論を出しています。

まだまだエビデンスの蓄積が必要なようです。

 

ちなみに、今回の検索結果には、

以前紹介したフィンランドやクロアチアで行われた

LGGの呼吸器感染症の予防効果に関する論文は含まれませんでした。

ロタウイルスに関しても、もっと論文がたくさんあるのですが、

なぜか動物試験の論文が多かったです。

なので、検索ワード次第ではもっと面白い論文があるのかも!?

 

おしまい。

 

2019年10月22日 (火)

LGGは旅行者の下痢を予防するのか!?

こんにちは。

トヨエモンです。

 

前回の記事でちょっと触れましたけど、

少し前にインドネシアのバリ島に行ってきました!

インドや東南アジアの国々へ行くときに気になるのがお腹の調子・・・

日本人は結構お腹を壊して下痢をする人も多いかと。

 

そこで、このブログで多分紹介していると思いますが、

もともとLGGには旅行者の下痢を予防するという論文(※)があるので、

今回の旅でプチ検証です(笑)

※『Prevention of traveller's diarrhoea by Lactobacillus GG』

Okesanen et al. 1990 Ann Med

 

とりあえず、今回は整腸剤や下痢止めを持って行かずに、

現地でもずっとLGG菌を摂取してやりましたscissors

 

 

そしたら、そのおかげかメッチャ調子良かったです♪

一緒に行った友達は腹を壊していましたが、

トヨエモンは快調快腸!

逆に食べ過ぎて毎日モリモリでした(笑)

 

Img_4801

ただ、もういい歳なので、大体はキレイめなワルンやレストランで

食事をしたのもあるかも知れません。

あと生野菜は普通に食べましたが、氷はやめてますしね。

 

Img_4809

まあ、実際LGGがどの程度寄与したかは定かではないものの、

トイレに対する心配がなかったので、良い波に乗って、

ビールをたくさん飲んで、短い時間でしたが満喫できました!

 

 

ということで、

今回は「LGGは旅行者の下痢を予防するか検証してみた!」の巻でした!?

ちなみに下痢になったら悲惨なので、下痢止めは持っていきましょう!!

  

おしまい。

2018年8月 1日 (水)

たまにはGGの論文の話・・・

こんにちは。

トヨエモンです。

 

今日で8月に入りました。

とにかく暑いです・・・暑い、暑い、暑い!

それしか言葉が出てこないくらい暑いんです!!

熱中症リスクが相当高いみたいなので、皆様、

水分と塩分のバランスには気をつけてください!、と

当たり前のことしか言えません・・・

 

さて、久しぶりに文献データベースPubMedで

"Lactobacillus" "GG"をワードに検索してみると、

1163件ヒットしましたsign01

相変わらずのヒット数ですね。

 

その中でいくつか気になったのがありますが、

今日はその一つについて・・・

 

 

その論文が、Spacovaらの

『Intranasal administration of probiotic Lactobacillus rhamnosus GG

prevents birch pollen-induced allergic asthma in a murine model.』

  

 

過去に、喘息に対するプロバイオティクスの良い効果ってみたことがないのですが、

(トヨエモンの勉強した範囲では・・・)

この論文、ちょっと気になりました。

 

ただ、Lactobacillus GGの

樺の木の誘発するアレルギー性の喘息に対する効果の論文なので、

かなり限定的です。

しかも、動物試験の結果ということに加えて、論文の要旨には

この文献は著作権に保護されていると。

要するに結果がすぐには見られない・・・

 

少し前に開催された日本アレルギー学会の際に、

近くのブースで出展されていた方とも話したのですが、

なかなか喘息に対するプロバイオティクスの効果ってないんです!!

 

トヨエモンも喘息持ちなんで、結構このあたり気になるんで、

学会では盛り上がって話ができるんですけど、普段の生活では

あまりピックアップされないんですよね・・・

 

おしまい。 

 

2018年3月24日 (土)

肌との関連

こんにちは。

トヨエモンです。

 

今日は久しぶりに家でダラダラと過ごしました(笑)

ゴロゴロして、テレビ見て、家事もせず、

こんなにグダグダしたのはいつ以来だろ???

あまりに何もしないと少々不安になりますが、

まあ、たまにはこういう日も必要なんでしょう。

 

Img_3508

いつの間にか、うちのスイセンも綺麗に花を咲かせていました。

 

 

さて、たまにはLGG乳酸菌に関連する話題でも書いてみます・・・w

しばらくLGG関連の論文数について書いていませんでしたが、

現在PubMedで"Lactobacillus" "GG"のワードで検索すると、

1128報の論文がヒットします。

この2年間でおおよそ130報の英語論文が

パブリッシュされたことになります。

 

さらに、この中には日本語の論文はカウントされていません。

例えば、2017年に日本乳酸菌学会誌 28巻1号12−17ページに

パブリッシュされた『Lactobacillus rhamnosus GG株の摂取による

便秘傾向な女性の排便および皮膚に及ぼす影響』のような論文は、

このブログで報告してきた論文数には含まれていないのです。

 

で、肝心な内容ですが、LGG菌摂取によって肌荒れや肌の水分に関して、

試験前後で改善が見られたことを報告しています。

詳細は論文を読んで頂ければと思います。

 

また、先日名古屋で行われた日本農芸化学会2018年度大会では、

女性だけでなく男性も対象としたプラセボ試験の結果も発表されています。

こちらでは、腕の角層水分量がLGG摂取群で有意に増加しています。

 

これまで、LGG菌と肌に関する試験は実施されてこなかったので、

LGG菌の新しい機能がまた追加されたと考えてよいのでは!?

 

おしまい。

2018年3月14日 (水)

花粉がかなり飛んでいるみたいです

こんにちは。

トヨエモンです。

 

最近、暖かい日が多くて、一気に春を感じますね!

 
Img_3476

梅が綺麗に咲いているかと思えば、

 

Img_3470

桜の蕾も大きくなっていますhappy01

Img_3469

三分咲きくらい?

 

と思いきや、
Img_3479

この陽気で、1日の間に一気に花を花を咲かせてきました!!

 

寒桜の仲間みたいです。

 

 

で、こんな感じで、

トヨエモンは日に日に春を感じているわけですが、

花粉症の方たちはかなり大変みたいです・・・sweat01

 

確かに車のフロントガラスには花粉がかなり付着しています。

一昼夜でビッシリと花粉が付いてしまうので、

相当な量が飛散しているんだと予測できます。

  

一方で、トヨエモンはかなり体が疲弊しているらしく、

最近アレルギー体質です。

花粉症はないものの蕁麻疹が・・・。。

 

こういう時は、決まって休養が必要です。

しっかりと睡眠と栄養を取るとかなり改善されるんですけど、

なかなか休めないのも事実・・・。

 

ただ、花粉症の方(かた)は、睡眠の質を上げたり、

趣味や運動でストレス発散すると、

だいぶ症状を軽減できるんじゃないかな〜?と

トヨエモンは個人的に感じています。

 

おしまい。

 

2017年10月20日 (金)

カンジダに対する新しい論文が出ています

こんにちは。

トヨエモンです。

 

Img_2909

うちのアイコ(ミニトマト)。

今年は完全に放置(笑)

横にドンドン伸びて、実は全て地面に・・・(^^;

鳥たちのエサになる予定だったのに、

意外に食べてくれない(苦笑)

 

さて、ずっと雨ばかりなうえ、寒い日が続いて嫌になってしまいますね。

さらに今週末から来週明けについては、

超大型の台風21号が日本列島に接近・通過・・・

秋雨前線の影響もあって、大きな被害が出るかも知れないということで、

メディアも大々的に注意を呼びかけています。

本当に自然の力は偉大ですので、注意しすぎるということはありません!

 

というのも、少し前ですが茨城県鹿嶋に波乗りに行ったのですが、

よく行くポイントに着くと・・・

Img_2891

なにやらヘリコプターが・・・

 

誰かが流されたな、と思ったら、

Img_2892

どうやら隣の浜で人が流されたようでした。

写真では見えにくいですが、

消波ブロックの突堤のところで消防士さんが探しています。

Img_2893

沖には、捜索に協力しているロングボーダーの方、

消防のジェットスキーに、海上保安庁の船と

どんどん集まってきましたが、

この日は波も高く、結局暗くなるまで捜索が続いたのにも関わらず、

流された方は発見されませんでした。

 

その後の情報では、

海岸に遊びに来ていた方が服を着たまま海に入って、流されたとのことでした。

 

さすがに寒くなってきたし、天気も悪いので、

海に入ろうなんて思う方は少なくなっているとは思いますが、

この週末は台風の影響で波は高いです!危険です!!

流されたら、まず発見されません。気をつけてください。

 

 

と、話がかなり脱線しましたが、

先週くらいにGGとカンジダに関する新たな論文が、

PLOS Oneという雑誌に出ていました。

 

カンジダは細菌ではなくて、真菌(カビの仲間)ですが、

GGのカンジダに対する効果は、結構昔から検討されています。

特に女性では、カンジダ感染がしばしば取り上げられるので、

カンジダがどういったモノなのかご存知な方も多いかも知れません。

 

ちなみにGGとカンジダに関する臨床報告はまだまだ少なく、

トヨエモンもしっかりと論文を読んでいないので何とも言えません。

ただ、今回の論文では試験管レベルにおいて、

カンジダが付着することを阻害したり、

栄養素を奪い合うことで、

簡単に言うと、「カンジダから身を守る可能性がありそうだ!」

ということが報告されています。

 

今後、さらなら研究の蓄積が望まれますね。

 

 

おしまい。

2017年5月 9日 (火)

ブログの根底を崩すような論文(笑)

こんにちは。

トヨエモンです。

 

本日は、久々にLactobacillus GGに関する記事です(笑)

 

さて、このブログでもたびたび出てくる医学文献データベース『PubMed』。

最近、このデータベースで”Lactobacillus” ”GG”で検索すると

1035件の論文がヒットします。

 

新しく掲載されたタイトルを見ていくと・・・

  

正直、あまり興味をそそられる論文はありません・・・

 

ただ、一つだけDraperらがBenefical Microbesという雑誌に報告した

「A survey of probiotic use practices among patients at a tertiary medical centre」

という論文が少し気になりました。

 

簡単に言うと、

「三次医療機関の患者さんにおける

プロバイオティクス使用に関する調査」

ということみたいです。

 

そこで要旨(Abstract)だけ読んでみました。

 

・・・!

 

超簡単にまとめると、

「調査対象の患者の大半がプロバイオティクスを使用していた。

しかし、医療従事者が薦める”Lactobacillus GGのような

科学的エビデンスがあるプロバイオティクス”を使用している者は少なく、

薦めても摂取していない。多くの人は、エビデンスがなくても

自分で好きなプロバイオティクスを選んで摂取しているようだ。」

ということでした・・・sweat01

 

がーんっ!wobbly

 

このブログ、もともと

”GGのエビデンスを解りやすく伝える”

という趣旨だったんですけど・・・coldsweats01

皆んなにとってエビデンス、関係ないんかい!!

  

このブログの根底が・・・orz

 

 

まあ、最近はほとんどGGについて書いていないから、

エラそうなことは言えないけどsweat01

 

 

こちらの論文はカリフォルニアでの調査ですが、

日本でもなんとなく同じなのかなsign02と感じるのは

トヨエモンの気のせい???

(いや、エビデンス以前の問題だな・・・多分)

  

  

おしまい。