2020年2月16日 (日)

不運の連鎖・・・①

こんにちは。

トヨエモンです。

 

新型コロナウイルス感染が日に日に深刻化していますが、

皆さまは大丈夫でしょうか?

 

さて、先日米国のVanderbilt大学に行ってきました。

新型ウイルス問題で海外渡航はなるべく控えたかったものの、

スケジュール的にズラすことができずに、

会社にお願いして行かせてもらうことになりました。

 

昨年からスケジュールを調整していたなか、

新型ウイルス問題が発生してしまった時点で、

なかなかの不運っぷりです。

 

それでも、どうにか成田を出発し、

経由地のシカゴ オヘア空港に無事に到着しました。

 

Img_5045

そして、いつものようにターミナルを移動して、

定刻通りにナッシュビル行きの飛行機に乗り換えました。

 

ただ、このドンよりとした曇り空が、

これから起こる不運を予言していたなんて、

この時点ではこれっぽちも気付いていなかったのです・・・。

 

 

つづく。

2020年1月31日 (金)

新型ウイルス

こんにちは。

トヨエモンです。

 

世間を騒がせている新型コロナウイルス。

1月中旬以降、連日のようにニュースの最大トピックになっています。

先日、ドラッグストアに行ったら、開店と同時にたくさんの人が

マスクと殺菌剤のコーナーに群がっていました。

 

さて、感染が発覚した中国の武漢市は、

Wikipediaによるとおおよその人口は1,100万人、

面積は8,600km2、人口密度は1,300人/km2だそうです。

ただ、都市圏になると、

人口と人口密度はそれぞれ約850万人と約5,200人/km2になります。

 

一方、我が国の東京都は人口が約1,400万、人口密度は6,400人/km2となっており、

この数値だけでリスクを語ってはならないものの、

いつ武漢のようになってもおかしくないと感じてしまいます。

しかも、実際に日本でも感染者数がどんどん増えているので、

事態はすぐには収束しないのではないでしょうか?

 

とは言え、個人でできる対策は限られていて、

手洗いの徹底、マスクの着用、なるべく人混みを避ける等、

インフルエンザ対策と同じです。

  

ただ、私の感覚だと日本人の手洗いやマスク着用に対する意識は

高い方だと思っているので、

個々の力で少しでも感染拡大を抑えられるのではないかと

期待もしてしまいます。

(アメリカでマスクをしていると重病人か怪しい人だと思われる・・・)

特に、この時期はインフルエンザ対策として

すでに対策を講じている方が多いですし。

 

とにかく、これ以上事態が深刻にならないことを

祈るばかりです。

 

おしまい。

2020年1月 5日 (日)

新年のご挨拶とトイレ事情

こんにちは。

トヨエモンです。

 

そして、少し遅いですが明けましておめでとうございますfuji

明日から仕事始めの方が多いと思いますが、

皆さまどのような年末年始を過ごされたのでしょうか?

 

 

Img_5010

 

 

トヨエモンは昨年末書いたように、

トイレが壊れたまま2020年を迎えました(笑)

なので、自分の出した大小をポリタンクに溜めた水で流しています!

流れとしては、

1)いつも通り便座に座って出す

2)終わりが近づいてきたらマイナスドライバーで水栓を開く

3)ウォッシュレットで洗う

4)拭く

5)手を洗う

6)ポリタンクで一気に水を流す

7)水栓を閉じる

 

こんな感じです。

2)で水栓を開けるのはウォッシュレットを使うためです。

トイレにマイナスドライバーを常備したのは生まれて初めてです(笑)

 

あと6)で流すのにペットボトルとかを使ってみましたが

勢いがないので全然ダメ。

ポリタンクも小さな口しかないやつはダメ。

勢いという点ではやっぱりバケツが最強!

ただしバケツは汲んできてからこぼすリスクが・・・。

幸いウチのポリタンクは大きな口があるので、

こちらを使用しています。

(何の説明してんだろ!?)

 

だいぶ慣れてきたとはいえ、やっぱり不便。

明日には修理の連絡がくることを祈るばかりです。

ただ、きっと将来、2020年といえば

オリンピックより正月からう◯こを流すのが大変だった・・・

ってネタにしてんだろうな〜

 

Img_5014

おしまい。

 

 

2019年12月28日 (土)

2019年もご覧いただき有難うございました!

こんにちは。

トヨエモンです。

 

早いもので今年もあと3日。

2019年は平成から令和へと元号が変わり、

時代が大きく変わった年でした。

 

そんな時代の節目だった年の終わりだというのに、

今日いきなりトイレが壊れました。

年末年始は平和に過ごすはずだったのに。。。

 

業者がすでに休みらしく修理は1/6以降だとか・・・。

その間、出したモノはしばらくバケツで流すことになりましたweep

2019年最後のブログがこんな汚い話題ですみませんsweat01

 

ということで、こんなゆる〜いブログを

今年もご覧いただき有難うございました!

2020年もゆる〜く更新していきたいと思います。

 

皆さま、よいお年をm(_ _)m

 

  

おしまい。

2019年12月22日 (日)

ナッシュビルに行ってきた②

こんにちは。

トヨエモンです。

 

2019年も残り10日間、12月に入ってバタバタで

少し時間が空いてしまいましたが、前回の続きです。

 

寒波のなかナッシュビルに着いたトヨエモン。

とりあえずホテルに向かうものの、

チェックインの16時まで小一時間あります。

 

そういえば、何回も訪れている割にいつもV大学とホテルの往復だけで、

ナッシュビルの紹介をできるようなことをほとんどしていないっsweat01

まあ、仕事なんで別に構わないんですけど。。。

ただ、仕事の内容はブログにできないし、やはりネタを作らねば!

と言うことで、以前閉館時間を過ぎて入れなかった(※当時そう思っていた)

パルテノン神殿へ行くことにしました。

(本当はホテルのロビーにいたかった・・・)

途中、昼飯を忘れていたことに気づき、近くのファーストフード店で

サクッとランチを済ませます。

 

Img_4902

見えてきました!

実はこれ、ギリシャのパルテノン神殿の等身大レプリカです。

 

なんでこんな建物があるのでしょう?

現在、ナッシュビルはミュージックシティとして有名ですが、

もともと『南部のアテネ』と呼ばれていました。

そして、1897年にナッシュビルで開催された万博のシンボルとして

このレプリカが建てられたとのことらしいです。

 

Img_4913

こちらは反対側からの写真。

今回知ったのですが、実は湖のあるこっち側が正面です。

以前閉館したと思っていたのは、裏側だったからということが判明・・・。

ちなみに入口は地下。トヨエモンは分かるまでにかなりの時間がsweat01

 

入場料6ドルを支払い、いざ中へ!

Img_4906

これがもっとも目玉である黄金のアテナ像。

とにかく大きいです。

Img_4909

アテナがもつ盾も横からみられます。

とにかくデカイ!

 

神殿内は基本的に万博の歴史博物館+美術館になっていて、

万博当時の記念品などが展示されています。

そして、万博とは関係無い現代アート(絵画)も展示されています(笑)

 

Img_4914

パルテノン神殿はセンテニアル・パークという大きな公園内にあります。

以前来たときはリスが走っていましたが、今回は寒すぎたのか、

寂しい感じでした・・・

 

Img_4915

2020年につづくかも・・・!?

2019年12月 1日 (日)

ナッシュビルに行ってきた①

こんにちは。

トヨエモンです。

 

11月中旬のことですが、

米国はテネシー州ナッシュビルにあるヴァンダービルト大学に行って、

Fang Yan先生に会ってきました。

Fang Yan先生といえば、LGGからp40とp75というタンパク質を

見つけた方で、このブログでもチョイチョイ名前が出てくる方です。

 

 

で、今回はシカゴは経由だったのでオヘア空港に到着。

アナウンスでは外は–15℃とか言ってるけど、

乗り換えだし外にでることないだろうと安心していたら、

Img_4888

「シャトルバスに乗れ」って見事に外に出されました・・・。

オヘア空港って電車みたいのあったような気が!?

(あとで調べたらメンテ中らしいです)

雪積もっています・・・。

防寒着はスーツケース。

日本の秋の格好で−15℃はヤバいです。

Img_4891

幸いシャトルにはすぐ乗れて、凍え死なずに国内線のターミナルへ。

 

ただ、ナッシュビル行きの飛行機はなかなかゲートが定まらず、

何度もゲートを移動するわ、やっと搭乗しても飛ばない・・・

 

これもあとで知ったことですが、この日は米国中が大寒波で

てんやわんやだったみたいです。

 

Img_4892

  

足元が凍って滑ってしまい空港作業員も大変そう。

シカゴなんてしょっちゅうこんな感じだから慣れてそうなものだけど、

やはり急な寒波には手こずるのでしょうか???

 

Img_4895

そんなこんなで、どうにかナッシュビルに着きました!

ぱっと見、天気も良くて暖かそうですが、実は–5℃くらいです(笑)

 

ナッシュビルには5、6回来てるはずなんだけど、

今回が一番疲れた気がします・・・

 

Img_4896

つづく。

2019年11月27日 (水)

モテモテなニュウニュウ、そして隠し子疑惑!?

こんにちは。

トヨエモンです。

 

もう1ヶ月前のことですが、群馬にある弊社北関東工場で

『北関東まつり』が開催されました!

 

Img_4868

久しぶりの古巣です!

 

Img_4869

10時開催だというのに、結構な人がいます。

 

Img_4870

なぜ開催前からたくさんの人がいるかというと、

乳製品の詰め放題の整理券をGETするためです(笑)

トヨエモンも飲み屋の常連さんに頼まれたので並びます・・・coldsweats01

 

Img_4872 

会場は多くの人で賑わっています。

来場者が2000人超えたとか!?

 

Img_4871

ニュウニュウもちびっ子たちと写真撮影に大忙し!

っていうか、前にいる奴が邪魔だな・・・(後輩です笑)

 

Img_4873

やっとニュウニュウの顔が・・・

 

Img_4875

トヨエモンも一緒にとるべく、子供たちの列に並びます・・・

が、さすがに子供たちを差し置いて撮影するわけにもいかんですsweat02

 

 

  

なので、だいぶ待って、ようやく1枚camera 

 

 

 

んっ?

Img_4876

この子は誰???(※)

  

 

 

おしまい。

 

 

※ 本当に知らないお子さんです(笑)

2019年11月24日 (日)

乳酸菌学会秋期セミナー、最高でした!

こんにちは。

トヨエモンです。

 

先週金曜日(11月22日)は日本大学藤沢キャンパスで

日本乳酸菌学会の秋期セミナーが開催されました。

トヨエモンは昨年、一昨年と参加できなかったため

3年ぶりの秋期セミナー♪

 

初めの演題は、東京農業大学の遠藤先生による乳酸菌の分類・同定のお話でした。

乳酸菌という枠だけでなく細菌全体に関わるお話だったので、

もともと乳酸菌屋ではないトヨエモンにも解りやすく、とても勉強になりました。

 

次の演題は、他社の方だったのでお名前等は控えますが、

(乳酸菌学会のWebからプログラムが見られます!=>2019年度秋期セミナー

『プロバイオティクス』という概念の歴史、そして今後の動きについて、

詳細に解説されていました。

パスツールとメチニコフのお話とか、とにかく凄かったです!

大学の先生でも、ここまで語れる方はそうそう居ないのではないかと思います。

そして、トヨエモンはこのブログでプロバオイティクスの歴史について

書いたことがありますが、本当に恥ずかしくなります・・・sweat01

あぁ、あの講演のパワポ、トヨエモンにくれないかな・・・

 

そして3演題目は学習院大学の中根先生が『バクテリアの動き』について、

解説されていました。中根先生のお話はとにかく面白い!

最初にスマホのカメラと水を使った簡単な顕微鏡で微生物を見るという掴みから、

バクテリアの動きを戦車やアメコミヒーローに例えて説明されたりと、

あっという間に時間が過ぎてしまいました。

 

4題目は早稲田大学の竹山先生による「シングルセルゲノミクス」!

僕らは通常、たくさんの細菌のDNAをまとめて解析しています。

たとえ同じ種類の細菌だとしても、その中には何百、何千、何万個という

細菌由来のDNAがあるわけです。

でも先生の場合は、細菌1個(匹?)だけを取ってきて、そのゲノム情報を解析します。

1個を取るってものすごく大変です。さらに、その1個からのDNAってものスゴイ微量

なわけで、それからゲノムまで読んでしまうんです。

 

で、5題目は慶応義塾大学の西山先生によるムーンライティングタンパク質のお話。

ムーンライティングタンパク質とは、簡単にいうと、主要な機能の他にも

異なる機能をもつもののことを言います。

西山先生といえば接着(付着!?)の専門家。

今回、普段は細胞内でタンパク質合成に関わっているのに、

細胞外へ出るとアドヘシンとして接着機能を示す翻訳伸長因子、

EF-Tuについてお話されていました。

 

最後も慶應義塾大学から、佐々木先生が腸管上皮の

オルガノイドについてご講演されました。

オルガノイドとは、簡単に言うと、培養した小さな組織・臓器です。

佐々木先生は腸管上皮のオルガノイドを用いて、腸内細菌と腸管上皮の関係について、

色々なデータをご紹介くださいました。

今後も、新たな知見がどんどん出てきそうなので、本当に楽しみです。

 

と、珍しく全講演について簡単に紹介してしまいました・・・。

それだけ今回は面白かったのです。

テーマも然り、各講師の方々の発表の素晴らしさ等々、

トヨエモンのモチベーションも久しぶりに上がりました!

 

おしまい。

2019年11月 4日 (月)

Seppo先生に会った!

こんにちは。

トヨエモンです。

 

先日、フィンランド ツルク大学教授のSeppo Salminen先生と

お話する機会がありました。

豪州での国際会議のあと、日本に立ち寄ったらしいです。

短い日本滞在のなか、貴重なお時間を我々に割いていただきました。

 

Seppo先生にお会いするのは4年ぶり・・・。

というか、学会等で拝見したことは何回かあるけど、

直接会ってお話するのはこれが2回目、ということに、

最近気が付きました(汗)

そして、ナンポウ先生やタケサブローの方が親交が深いのに、

なぜかトヨエモンが矢面に立たされました・・・Oh, my god!

 

Img_4881

そんな頑張っているトヨエモンの姿を、

最近新しく入ってきた後輩が撮ってくれていましたhappy02 Good job!!

いやー、ちゃんと仕事しとりますなぁ〜confident

(人事の面々、よく見といてや〜。ワイだってたまには仕事するんじゃあ〜)

 

 

・・・なんてことはなく、

  

 

皆さん、お分かりかも知れませんが・・・

 

 

写真ではSeppo先生とトヨエモンが喋っているように見えますが、

実は後ろにいるナンポウ先生と喋っていますsweat01

(ナンポウ先生の指が見えてる!!笑)

そして、さらにSeppo先生の横には通訳してくれた方もいます(笑)

 

 

 

ちなみにトヨエモンはほとんど解っていませんcoldsweats01

なので、ここでは内容も紹介しません!

(できません、の間違い!?)

もしかしたら、会社のウェブとかでは紹介されるのかも???

 

 

おしまい。

 

 

2019年10月22日 (火)

LGGは旅行者の下痢を予防するのか!?

こんにちは。

トヨエモンです。

 

前回の記事でちょっと触れましたけど、

少し前にインドネシアのバリ島に行ってきました!

インドや東南アジアの国々へ行くときに気になるのがお腹の調子・・・

日本人は結構お腹を壊して下痢をする人も多いかと。

 

そこで、このブログで多分紹介していると思いますが、

もともとLGGには旅行者の下痢を予防するという論文(※)があるので、

今回の旅でプチ検証です(笑)

※『Prevention of traveller's diarrhoea by Lactobacillus GG』

Okesanen et al. 1990 Ann Med

 

とりあえず、今回は整腸剤や下痢止めを持って行かずに、

現地でもずっとLGG菌を摂取してやりましたscissors

 

 

そしたら、そのおかげかメッチャ調子良かったです♪

一緒に行った友達は腹を壊していましたが、

トヨエモンは快調快腸!

逆に食べ過ぎて毎日モリモリでした(笑)

 

Img_4801

ただ、もういい歳なので、大体はキレイめなワルンやレストランで

食事をしたのもあるかも知れません。

あと生野菜は普通に食べましたが、氷はやめてますしね。

 

Img_4809

まあ、実際LGGがどの程度寄与したかは定かではないものの、

トイレに対する心配がなかったので、良い波に乗って、

ビールをたくさん飲んで、短い時間でしたが満喫できました!

 

 

ということで、

今回は「LGGは旅行者の下痢を予防するか検証してみた!」の巻でした!?

ちなみに下痢になったら悲惨なので、下痢止めは持っていきましょう!!

  

おしまい。