« ポストバイオティクスとは?① | メイン | ポストバイオティクスとは?③ »

2021年7月31日 (土)

ポストバイオティクスとは?②

こんにちは。

LGG菌サムライです。

 

さて、前回はプロバイオティクス、プレバイオティクス、シンバイオティクスの

定義を確認したところで力尽きてしまいました。

今回は本題に入りたいと思います。

  

まず、ISAPPの共同声明によるポストバイオティクスの定義は、

宿主に健康上の利益を与える無生物の微生物および/またはその成分の製剤」となります。

  

postは「後」、bioticは「生物の、生命の」を意味するので、postbioticで「生命の後」と

いうことで非生物となります。つまり死んでいます。

そして、声明ではこの定義を提案するうえで、「inanimate(無生物)」というワードを

使用したと述べています。

「無生物」は、生きて存在していた微生物が死滅したという事実を単純に捉え、機能の喪失を

意味するものではない、というニュアンスだそうです。

この辺りの英語の意味を理解するのは難しいですね。

  

また、ポストバイオティクスは微生物細胞もしくは微生物細胞の成分でなければならない

ということです。

弊社でも以前、Lactobacillus gasseri TMC0356というガセリ菌についても

精力的に研究を行っていたことがあります。

この際は、培養したTMC0356株の菌体を集め、熱で殺菌した「加熱死菌体」の効果を

研究しておりました。

実際、TMC0356の加熱死菌体は、インフルエンザ感染(※1)や

メタボリックシンドローム(※2)に対する宿主への効果が認められていることから、

これはポストバイオティクスの定義に当てはまるかと思います。

※1 Kawaseら(2012)FEMS Immunol Med Microbiol

※2 Shiら(2012)British Journal of Nutrition

  

 

一方で、精製された微生物の代謝産物はポストバイオティクスに該当しないとされています。

例えば、L. rhamnosus GGはp40やp75といった機能性タンパク質を産生しますが、

“これらを精製”してもポストバイオティクスにはならないようです。

  

また、ポストバイオティクスは、プロバイオティクスに由来したものでなくても

認められることも大きな特徴です。

当然、安全性が担保されていなくてはいけませんが、生菌では使用できない or

生菌で保持することが難しい菌なども無生物化すれば使用できる可能性があるので、

健康増進に使用できる微生物ツールの幅が広がることが期待されます。

 

 

つづく。