« 2021 ISAPP Annual Meeting ② | メイン | ポストバイオティクスとは?① »

2021年6月30日 (水)

2021 ISAPP Annual Meeting ③

こんにちは。

LGG菌サムライです。

 

前回の記事の中で、

L. rhamnosus GGの科学的エビデンスの豊富さ、そして安全性が認められている」

ということが、新型コロナウイルス感染に対する臨床試験に使用される最大の理由と書きました。

  

エビデンスの豊富さについては、このブログでも再三書いていますので、

この記事では安全性のところについて書きたいと思います。

  

今回のPaul Wischmeyer先生の発表でも、プロバイオティクスの安全性として

「プロバイオティクス投与によって有害事象が増加するリスクがないこと、

むしろ重篤患者やハイリスク患者における有害事象が減る傾向があること」

がメタ解析によって示されていると仰っていました。

そして、そのあとに集中治療室(ICU:intensive care unit)の患者の

細菌叢はボロボロであるというデータを示していました。

  

通常、ICU患者には感染症を防ぐために抗菌剤が使用されます。

すると良い細菌が死んでしまい、細菌叢が乱れてしまいます。

また、抗菌剤の使用は耐性菌を作り出し、これらがICU患者に感染すると、

抗菌剤が効きません。

 

このような問題から少しでもリスクを軽減するために、

以前からL. rhamnosus GGをICU患者に投与した研究が

いくつも報告されてきました。

普通に考えれば、ICUの中で生きた細菌を投与するなんて信じられませんが、

L. rhamnosus GGは様々な臨床試験に使用され、その効果に加え、

有害事象がないことが示されていることから、

ICU患者への投与という研究が可能なわけです。

  

実際、PubMedで

「("Lactobacillus" OR "lacticaseibacillus") AND "GG" AND "intensive care unit"」

というキーワードで検索したところ、18件がヒットしました(2021年6月24日現在)。

 

01_2

PubMed:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/

  

このように、L. rhamnosus GGはエビデンスが多いことから様々な臨床研究に用いられ、

その結果、さらに効果や安全性のエビデンスが増えるという、

正のスパイラルができていることが最大の強みかも知れません。

  

  

おしまい。