« 2021 ISAPP Annual Meeting | メイン | 2021 ISAPP Annual Meeting ② »

2021年5月31日 (月)

前回の補足

こんにちは。

LGG菌サムライです。

 

前回の記事の中で、

「米国ではL. rhamnosus GGとCOVID-19に関する臨床試験が実施されている」

という内容を少し書きました。

こちらは、元々2021 ISAPP Annual Meetingの紹介がメインだったので、

今回はこの臨床試験について、もう少し詳細を紹介したいと思います。

  

米国の臨床試験サイト(https://clinicaltrials.gov)から、

この臨床試験を検索していきます。

最初に簡単なサマリーがあり、

『本試験の目的は、L. rhamnosus GGとCOVID-19に曝露した家庭内接触者における

マイクロバイオーム(人体内および人体上に生息する微生物)に対する効果を評価する

ことです。本試験は、無作為化二重盲検プラセボ対照試験であり、被験者はL. rhamnosus

GGまたはプラセボを投与されるように無作為に割り当てられ、どちらの製品を投与されて

いるかはわかりません。被験者は約60日間の試験に参加します。被験者は、研究期間中、

他のプロバイオティクスの摂取を控えなければなりません。被験者は、試験のアンケート

に答えるために、Eメールとインターネットにアクセスできる必要があります。この研究

に参加するには、L. rhamnosus GGもしくはプラセボを28日間摂取し、アンケートに

回答し、便と鼻腔スワブのサンプルを提供する必要があります。』

と記載されています。

 

そのあとに、試験に関する様々な詳細情報が掲載されています。

特に気になる情報としては、予定している試験参加者は1132人となっており、

かなり大規模な臨床試験ということがわかります。

そして、試験は2020年7月24日から開始されており、

終了予定は2022年5月25日となっています。

試験終了が1年先ということは、結果が報告されるのは

さらに先になるということですね。

未だ試験途中ということで、どのような結果になるのか分かりませんが、

今後が楽しみです。

  

そして、この試験を調べていたなかで、文献データベースPubMedでも

この研究のプロトコルが出てきました。

BMJ Openという雑誌に掲載されています。

(※ Tang et al. 2021 BMJ Open)

こちらの情報の方が、さらに詳しいかと思います。

気になる方は、オープンアクセスなので是非ご確認頂ければ。

 

  

おしまい。