« 本年もよろしくお願いします!2021年 | メイン | ムーンライティングタンパク質 »

2021年1月31日 (日)

2021年最初の論文は?

こんにちは。

トヨエモンです。

 

さて、先日は2020年のL. rhamnosus GGに関する論文の報告数について書きました。

それでは、2021年初にPubMedに登録された論文は何だったのでしょうか?

  

ということで、キーワードは前回同様に

「"lactobacillus" OR "lacticaseibacillus" AND "GG"」で行います。

  

すると、ヒットしたのは

タイトル:Factors Associated With Nonadherence in an Emergency Department-based Multicenter Randomized Clinical Trial of a Probiotic in Children With Acute Gastroenteritis.

著者:David Schnadower et al.

文献:J Pediatr Gastroenterol Nutr. 2021 Jan 1;72(1):24-28.

でした。

なんと2021年1月1日です!

  

タイトルをG〇〇gle先生に翻訳してもらうと、

「急性胃腸炎の小児を対象としたプロバイオティクスの救急科ベースの多施設ランダム化臨床試験における非遵守に関連する要因」

と出てきました。

なんか難しそうですね・・・。

 

要旨を読む限り、

小児の急性胃腸炎に対してL. rhamnosus GGを投与する臨床試験で、

試験期間中に医師が指示した用量をちゃんと摂取しているか、

ということを中心に調査した研究のようです。

確かに、必要量を摂取していないと結果に大きく左右してきます。

特に子供が対象の場合、本人の要因(機嫌など)に加え、

両親側の要因(心配など)もあるので、

なおさら臨床試験を完遂するのは大変そうですね。

 

今回、本文を入手していないため、要旨だけでは内容がよく分からないので、

もう少し詳しく読んでみたいと思います。

 

おしまい。