« 尋常ではないスピード・・・ | メイン

2020年10月30日 (金)

ピリ(線毛)が強くなる!?

こんにちは。

トヨエモンです。

 

Lactobacilus (※1) rhamnosus GGに関連する新しい文献を探したところ、

L. rhamnosus GGの突然変異株(派生株)から、

ピリ(線毛)の力が強い株をピックアップしたという論文(※2)を見つけました。

(※1)現属名:Lacticaseibacillus

(※2)Rasinkangas et al. Front Bioeng Biotechnol (2020) 8:1024.

  

ちなみに『ピリ』とはこのブログでも何度も紹介してきたように、

菌体から毛のように伸びている幾つかのタンパク質(SpaA、SpaB、SpaC)のことで、

L. rhamnosus GGが腸管粘膜へ付着する力に関係しています。

  

その中でもSpaCは付着力に最も重要だと考えられており、

この論文ではSpaCの抗体を用いて、

SpaCがリッチそうなL. rhamnosus GGの派生株を選んできたようです。

  

付着力の強い派生株は、大まかに分けると下記の3つのグループに分けられ、

1)SpaCの遺伝子に僅かな変異があるもの

2)解らない

3)SpaAの遺伝子に僅かな変異があるもの

だったと報告されています。

ちなみに、僅かな変異とは、DNAを構成する塩基がたった1個だけ変わっただけです。

  

1)と3)は遺伝子の変化なので、付着性が強くなったことも理解しやすいですね。

ただ、2)については論文の著者らも驚きだったようです。

ピリの付着力は、ピリ自身の遺伝子以外の要因にも影響されていて、

それがピリの産生や構造に影響を与えているのではないか、

と著者らは考察しています。

  

本当に生物の体は複雑です(汗)。

 

 

つづくかも・・・。