« p75というタンパク質の研究① | メイン | p75というタンパク質の研究③ »

2020年9月28日 (月)

p75というタンパク質の研究②

こんにちは。

トヨエモンです。

 

最近、めっきり涼しくなりました。

もうすぐ9月も終わりです。

そして、前回の更新からもう1ヵ月も経ってしまいました・・・。

  

ということで、

今回もL. rhamnosus GGが作り出すp75というタンパク質についてです。

(※前回を読んでいない方はさっぱり解らないかも知れません)

  

さて、もともと腸管上皮細胞に作用するタンパク質として

注目されたp75(=Msp1)に対して、Lebeer先生の研究グループは、

どのようなアプローチから研究したのでしょうか?

   

実は、このタンパク質のアミノ酸配列が、

「細菌の細胞壁を分解する酵素と似ている」という観点から、

「細胞壁分解酵素」として解明を試みたのです。

   

そもそもヤン先生は2007年の論文(※)で、

p75のアミノ酸配列が細胞壁に関連する加水分解酵素と似ていることを

報告していました。

ただ、ヤン先生はお医者さんですし、酵素としての機能には着目せず、

大腸炎の予防や治療に向けた医学的アプローチから研究を進めてきました。

※Yan et al. (2007) Gastroenterology 132:562-75.  

 

一方で、Lebeer先生と言えば、

古くからL, rhamnosus GGの研究を精力的に進められてきた方ですので、

本来の機能であろう「細胞壁分解酵素」という性質を

明確にしようとしたのだと思います。

   

またまた、話が長くなってしまったので、

本日はここまでにします。

 

   

つづく。