« Lactobacillus属の乳酸菌が再分類されました・・・ | メイン | p75というタンパク質の研究② »

2020年8月29日 (土)

p75というタンパク質の研究①

こんにちは。

トヨエモンです。

 

さて、タイトルにしたp75というタンパク質・・・

実は米国Vanderbilt大学のFang Yan教授(ヤン先生)が

Lactobacillus rhamnosus GG(※1)から見つけたタンパク質の一つです。

もう一つのタンパク質p40と共に、2007年に報告されました(※2)。

※1 2020年4月に学名がLacticaseibacillus rhamnosus GGに変更されています。

※2 Yan et al. (2007) Gastroenterology 132:562-75.

  

上述の論文では、p40もp75もAktシグナル(細胞内の情報伝達機構の一つ)

を活性化して、腸管上皮の恒常性維持に寄与することが報告されています。

ただ、p40の方がその生理活性が高いという理由で、

ヤン先生はその後p40を中心に研究を進めていきます。

  

因みにp40とp75という名前は、

SDS-PAGE(電気泳動法)でこれらのタンパク質を解析(分離)すると、

分子量40と75だったということから、p(protein:タンパク質の略)を頭に付けて、

それぞれp40とp75になっています。

  

それで、p75の研究はというと、こちらのタンパク質については、

ベルギーのLebeer先生の研究グループを中心に報告されていきます。

また、その際に「p40とp75がL. rhamnosus GGから多量に分泌される

タンパク質」ということから、『Major secreted protein: MSP』と

呼び名が変えられています。

そのため、これらのタンパク質を扱った文献は、

両方の名前が使われていたりするので、少々ややこしいです。

  

また、その時に順番がMsp1=p75、Msp2=p40となりました。

トヨエモンはヤン先生とのお付き合いが長いせいか、

順番がp40 → p75(1 → 2)というイメージなので、

どうしてもこの順番に慣れません・・・。

ただ、「p」だけでは味気無いのも事実で、

「Msp」の方が少し格好良いかな・・・とも思っています。

  

さすがに長くなってしまったので、

このLebeer先生たちのp75/Msp1に関する論文は

次回紹介したいと思います。

 

 

つづく。