« 腸管の細胞が産生するPRAP1 | メイン | Lactobacillus属の乳酸菌が再分類されました・・・ »

2020年7月27日 (月)

前回偉そうに書きましたが…

こんにちは。

トヨエモンです。

 

前回、腸管の細胞が産生するPRAP1というタンパク質をさらっと紹介しましたが、

その続編(?)です。

 

さて、このPRAP1、本名はProline rich acidic protein-1。

プロリン(アミノ酸の一種)が豊富で、酸性のタンパク質ということですね。

分子サイズは約17kDa、約150個のアミノ酸から出来ています。

  

そして面白いのが、

“天然変性タンパク質(intrinsically disordered protein)”であること。

 

  

偉そうに紹介していますが、 

トヨエモン、実は天然変性タンパク質のこと…

全く知りませんでした!(苦笑)

 

なので、最初、intrinsically disordered proteinを見たときに訳すことができず、

“もともと調子が悪いタンパク質”と訳し、「???」と行き詰まりました。

 

  

ちなみにWikipediaでは、

『固定された、もしくは整った(「オーダーした」)三次元構造を

持たないタンパク質である』と書かれています。

  

通常、タンパク質はアミノ酸配列や分子間の結合などによって、

三次元(3D)構造をとっています。

そして、タンパク質が機能するには3D構造が重要で、

例えば、卵の白身は過熱すると変性し(3D構造が壊れ)、

真っ白に固まり、もはや生卵の白身とは別物になってしまいます。

  

 

一方で、天然変性タンパク質は、決まった3D構造をとっていない、

もしくは部分的にしか3D構造をとっていないので、

ただのアミノ酸が並んだ鎖がフラフラしている感じなります。

それでも機能を持っているということみたいです。

 

 

なんだか、このフラフラしている感じが自由でいいですね!

トヨエモンも自由に生きたい!!

なんて考えていたら、

もはやPRAP1自体はどうでもよくなって、

天然変性タンパク質について、もっと知りたくなりました(笑)

知りたい欲求があるうちは、未だ研究者としていられるのかな…???

 

  

おしまい。