« 不運の連鎖・・・① | メイン | 不運の連鎖・・・③ »

2020年2月24日 (月)

不運の連鎖・・・②

こんにちは。

トヨエモンです。

 

新型コロナウイルスの状況は一向に良くなりませんね・・・。

 

さて、前回はVanderbilt大学に行くべく、

テネシー州はナッシュビルへ向かったトヨエモン。

無事にナッシュビル空港へ到着しました。

 

Img_5048

(前回とは違うGibsonのギターを写しましたw)

 

入国審査はすでにシカゴで済んでいるので、

ゲートからそのまま手荷物受取所に向かいます。

喉が乾いていたので、途中の自販機でお水を購入。

 

で、受取所に着くとコンベアには荷物が数個あるだけ・・・

まあ、それはいつもの光景なので特に気になりませんでした。

 

というもの、基本、

AAのシカゴ〜ナッシュビル便はものすごく小さくて、

機内持ち込み可能な大きさのスーツケースでも、

実際は機内持ち込みできません。

で、大体の人はシカゴで飛行機に乗り込む直前に、

ボーディング・ブリッジで荷物を渡して、

ナッシュビル空港のボーディング・ブリッジで受け取ります。

そのため、受取所にはほとんど荷物はなくても普通なのです。

  

ただ、どう見てもトヨエモンのスーツケースらしきものがない・・・

 

以前、コンベアから降ろされていたこともあったので、

周りを見渡してみたけど、やはりない・・・

 

AAのBaggage serviceの事務所を見ると

スーツケースらしきものがあるが、

明らかにトヨエモンのものではない・・・

 

仕方なくBaggage serviceに行くと、向こうも解っているので、

すぐに手荷物タグの番号やスーツケースの色などを聞かれ、

見つかったらホテルに届けると言って、レシートをくれました。

 

レシートにはトヨエモンが答えた情報に加え、

・ほとんどの遅延荷物は24時間以内に見つかる

・5日以内はオンラインで状況を確認する

などが書いてありました。

 

本来なら空港からVanderbilt大学に直接向かうつもりだったけど、

スーツケースに仕事道具が入っているし、

まあ、24時間以内に見つかるならと思い、

すぐにYan先生に電話して、大学訪問は翌日としました。

 

そして、ホテルへと向かったのでした。。。

  

つづく。