« りんご改造② | メイン | 痩せられない訳だわ・・・ »

2016年11月30日 (水)

未知なる世界を覗いた男!

こんにちは。

トヨエモンです。

 

さて、以前プロバイオティクスとは?シリーズを書いていたことを

覚えている方はいらっしゃるでしょうか?

プロバイオティクスとは?①

もう一つの定義〜プロバイオティクスとは?②

乳酸菌・ビフィズス菌を見つけた人〜プロバイオティクスとは?③

プロバイオティクスの祖〜プロバイオティクスとは?④

Pro?〜プロバイオティクスとは?⑤

Parkerさん〜プロバイオティクスとは?⑥

動物性?植物性?〜プロバイオティクスとは?外伝

思ってた以上に書いてました・・・

 

そして、⑤より⑥の方が先に書いていました(汗)

こういうのを発見すると、改めて怪我の後遺症を感じさせますね^^;

 

と、まあ過去の記事の内容はどうでもイイとして(よくないけど・・・)、

トヨエモンが講演等でプロバイオティクスの話をする際に出てくるのが、

レーフェンフックです。

 

レーウェンフックは、初めて顕微鏡で微生物を観察したと言われており、

『微生物学の父』とも呼ばれる人です。

つまり、誰もが知らなかった未知なる世界を覗いた男になるわけです。

 

なので、当然プロバイオティクスを語る際には、

真っ先に紹介されるような方なのですが、

プロバイオティクスとは?シリーズでは

レーウェンフックのことは敢えて書きませんでした。

 

というのも、やはり微生物を見るために彼が使った”顕微鏡”が重要な訳で、

この写真はネットでは拾えるものの、著作権とか考えると

載せられなかったからなのです。

 

ただ、その際にレプリカではあっても、

国立科学博物館にあることがわかりました。

そのためもあって、先日は国立科学博物館を

訪問したというのもあるんですね!

(その際の記事はコチラ→クロマニヨンの壁画を見に行こう!

 

じゃーん!

Img_1187

こちらがレーウェンフックの使っていた顕微鏡と同様のレプリカです。

初めて見る人は、多分想像と全く違うかと思います。

使い方が全くわかりません!

 

ただ、レーウェンフックはこのような顕微鏡を使って、

様々な微生物を観察していたのですね!!

そして、17世紀の時代に、

こんなにも科学を発展させていたことに驚きです。

 

おしまい。

 

Img_1196

ボジョレーヌーヴォーで晩酌ナリ・・・