« 秋深まる | メイン | 同期に会う »

2016年11月13日 (日)

第22回Hindgut Club Japanシンポジウムのお知らせ

こんにちは。

トヨエモンです。

    

さて、今年もHindgut Club Japanのシンポジウムが

12月3日(土)に開催されます。

(詳細はコチラ→第22回Hindgut Club Japanシンポジウム開催のご案内

 

トヨエモンも2013年に講演させて頂いて以来、毎年参加していて

昨年は『第21回Hindgut Club Japanシンポジウムに参加しました』で、

一昨年は・・・「あっ、書いてない!」^^;

2013年は『こちら』で報告していますね!

 

来月開催なのに、なぜ今年はこんなに告知が早いかというと、

今回コンビーナーをされる茨城大学の豊田淳先生が

私の大学時代の先生だからです(笑)

 

学生時代は迷惑ばかりかけていたので、

たまには役に立つこともしようかと思って・・・

(個人的理由かい!)

 

まあ個人的理由では無い、とは言いませんが、

今回のテーマが最近流行りの『脳腸相関』だから!!ということで、

少しでも早くお知らせしておこうかと。。。

 

近年の研究では、腸内細菌叢がヒトの行動や精神活動に

大きな影響を与えていることが分かってきています。

つまり、やる気だったり、鬱(うつ)だったりということに、

腸内細菌が関わっているということです。

今回のシンポジウムでは、

このような研究の動向を聴ける良い機会なので、

興味のある方は是非ご参加ください!!

 

ちなみに、トヨエモンは心優しい腸内細菌叢が欲しかったです・・・

もし、そんな腸内細菌だったら、

もっと人に優しく接することができたのに・・・

ただ、現実とは残酷なもので、

『鬼の腸内細菌叢』を保ってしまったがために、

最近イチバン被害にあっているのがコノ方(↓)

 

 

 

Img_0830_2 

ニュウニュウのプロフィールを見ると

『出不精』『マイペース』と書いてあります。

(プロフィールの詳細を知りたい方は

こちらを見てね!→ニュウニュウのひろば

 

出不精が明け方から海に入れられています・・・

晴れも雨も関係ありません・・・

ウチのニュウニュウには、ペースなんて存在しません!

 

鬼(トヨエモン)の唯一の優しさといえば、

それはニコポンも一緒に連れ出していることくらい。

 

そして、その鬼は今日気付いてしまいました・・・

まだニュウニュウとニコポンが貼られていないボードが残っていることを・・・

そのとき、

ニコポンから一瞬笑顔が消えたとか、消えなかったとか・・・

  

おしまい。