« with タケサブロー | メイン | 忘れていました・・・ »

2016年3月19日 (土)

プロバイオティクスとは?①

こんにちは。

トヨエモンです。

 

最近、ほとんど魚のことばかり書いていたので、

「プロバイオティクスとは?」というテーマで

少し書いてみたいと思います。

 

と言うのも、

プロバイオティクスについては様々なメディアで

取り上げられているので、

皆さんよくご存知だと思っていました。

 

ただ、セミナーや展示会等で色々な方からの

ご質問を受けると、

「意外にプロバイオティクスって理解されていないのでは?」と

感じることが多々あります。

 

おそらく頭の中で整理できないレベルまで

たくさんの情報が溢れすぎているのでしょう。

 

そこで、

このブログでプロバイオティクスの歴史や概念などについて

おさらいしてみたいと思います。

  

まず、『プロバイオティクス(probiotics)』を

最初に定義付けした人は、

イギリスの微生物学者Roy Fuller博士です。

1989年、彼はプロバイオティクスを

”A live microbial feed supplement which beneficially affects

the host animal by improving its intestinal microbial balance” 

であると定義しました。

※ Fuller. J Appl Microbiol (1989)

 

和訳(意訳)すると、

”腸内フローラのバランスを改善することによって、

(ヒトなどの)宿主に有益な作用をもたらす生きた微生物

となります。

  

つまり、プロバイオティクスとは

基本的に生きていることが前提であることが

お解りいただけるかと思います。

 

つづく。

 

Img_0063先日の記事(冬の桜を見に・・・)で書いた

大量にもらった大根の一部は

切り干し大根にしてみたのでした・・・笑

ちゃんとできました!