« 2014年4月 | メイン | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

LGG菌とTJ②

こんにちは。

トヨエモンです。

 

さて、前回より腸管バリアシリーズのタイトル名を変えて、

LGG菌とTJシリーズとしました!!

気分一新と言いたいところですが、実はLGG菌の研究関連の記事を書いても

「難しくてよく解からない!」と、トヨエモンの周りの人達からはあまり評判が良くないです・・・(涙)。

 

前シリーズから何度も挫折しかけましたが、一応、このブログの立ち上げ理由が

“LGG菌の研究について解かりやすく説明しろ!”ということなので、めげずに続けてみます・・・。

正直、「そんなに解かりやすく説明できる研究がいっぱいあるなら

自分で論文読んだほうが早いよ!!」って愚痴りたいです・・・

というか、すでに言っちゃってますケド・・・(笑)

 

実際、自分の専門分野と少しでも離れた論文になると、一気に読むスピードが落ちます。

そして内容を理解するために、さらに他の文献を読んで・・・ということになり、

結局膨大な時間が必要になってしまうんです。

(単にトヨエモンの知識が少なすぎるだけという話もありますが・・・)

 

さて、気をとりなおして、元に戻します!!

 

まず、“TJとは何か?”とサラっといいますと、

タイトジャンクションのことです(Tight Junction、略してTJ)。

日本では“密接結合”とか“タイト結合”とも言われるようですが、

私は「密接結合!!」とか呼んでいる人を見たことはありません。

 

下は腸管バリアシリーズ①で紹介した図ですが、

右下にタイトジャンクションとありますね。


Barrier_small

 

隣り合う細胞同士がタイトに結合している部位なので、

タイトジャンクションと呼ばれています。

この部位で細胞と細胞の隙間を埋めることによって、

異物が体内に侵入するのを、「物理的」に防いでいるのです。

 

だいぶ愚痴が長くなってしまったおかげで疲れてしまったので

本日はこれまで(笑)

 

 

つづく。

2014年5月23日 (金)

LGG菌とTJ①

こんにちは。

トヨエモンです。

 

先日、群馬県東吾妻町にある“コニファーいわびつ”という宿泊施設に行ってきました☆

この施設、もともと東京都杉並区の施設だったそうです。

今は民営化されていますが、杉並区民の方は宿泊代が割引されます。

(トヨエモンには関係ありませんが・・・)

 

グラウンドやテニスコートなどのスポーツ施設もあるほか、

キャンプや体験学習などができるよう様々な設備が整っています。

また、震災の際は南相馬の被災者の方たち400名以上を受入れており、

館内にはそのときの様子が掲示されています。

お風呂もキレイで、なかなか良い施設でした!

 

さて、トヨエモンはこの施設の宣伝をしたいわけではありません・・・。

実は下の写真、コニファーいわびつで撮ったものですが、何だか分かりますか?

 

20140518_082048

・・・ただの壁です。

でも、トヨエモンには、このような模様が腸管上皮細胞に見えてしまうのです・・・。

もう病気です・・・。

 

下の写真は、Caco-2細胞というヒト由来の腸管上皮細胞を

蛍光顕微鏡で観察したものです。

緑の部分がとなり合う細胞同士の境界線です。

Tj_occuldin

似てると思いませんか?

 

トヨエモンが腸管上皮細胞を実験で扱い始めたのが約3年前。

それ以来、手の甲のシワ(?)や、ハチの巣、ステンドグラスのように、

幾何学模様が並んでいると、全部、腸管上皮細胞に見えてきます。

完全に病気です・・・。

 

というわけで、今回よりまたまた腸管バリアシリーズが再開です。

 

つづく。

2014年5月20日 (火)

バラが満開です☆

こんにちは。

トヨエモンです。

 

弊社のバラ園、ここ数日が満開です!!

本日は、見学者の方も多く訪問されています。

 

さて、下の写真は先週撮影したもので、ちょうど7~8分咲きの様子。

 

20140514_144206
先週の時点でも、バラのいい香りが漂ってきていました。

 

下は、バラブログを陰で支えているW君!

20140514_144132
満開に備えて、見学者の方たちのために、

各バラのネームプレートを設置していました。

彼はブログを書いているわけではないので、

まったく表に出てくることはありません。

しかし、このような協力があってこその

バラブログですね☆

 

ケンノシン、タケサブローもそろそろ出てこないかな・・・

 

おしまい。

 

 

2014年5月14日 (水)

バリウム

こんにちは。

トヨエモンです。

 

本日は健康診断!

昨年は下剤を飲んでも、バリウムがなかなか出ずに苦労しました。

今年は問診待ちの間に、おじさん達と色々話したところ、

「牛乳を飲め!」という有難いアドバイスを頂きました☆

そこで、健康診断が終わって牛乳やら水をガブガブ飲んだところ下剤要らず!!

ただ、すでに何回トイレに行ったか数えきれません・・・。

 

そんな時におなかの調子を整えるにはLGG菌!・・・

ということで、大量投与(800億個程度)してみました。

実は昨年のX'mas以来、「時々大量投与」がトヨエモンのマイブーム(笑)

ただし、あくまでも”マイブーム”・・・善し悪しは分かりません。

LGG菌の論文には、一般的に10億~100億個レベルでの投与が多く、

なかには1,000億個であったり、1億個だったりもあります。

一応、そのような論文の数字に基づいて、自己責任で様子をみる今日この頃です(笑)

 

おしまい。

 

 

2014年5月 9日 (金)

なんちゃってバラブログ再開・・・

こんにちは。

トヨエモンです。

 

前々回あたり(薔薇2014年)に、「今年は、バラは書きません!!」と

いうようなことを宣言しましたが、早速、その誓いを破ります(笑)

なぜなら、LGG菌ばかり書くのは疲れるし、なんといってもバラが綺麗なんです!

 

ただ、バラの写真では本家バラブログ(※本当の名前は「タカナシ乳業バラ園にようこそ」)

負けてしまうので、地味にネタを探していきます!!

 

さて、連休明けの一昨日は、天気も良く、一気にバラが咲いてきました。

写真教室の方たちだと思うのですが、素晴らしいカメラで写真を撮っていました。

皆さん、午前中からかなり長い時間いらっしゃったのですが、

お昼頃にトヨエモンが行くと、バラ園の前を通り過ぎる相鉄線をバックに、

バラ(カクテル)をとるために、シャッターチャンスを狙っていました。

 

下の写真は、

「バラ園の後ろを通り過ぎる相鉄線をバックに、バラ(カクテル)を

撮影しようとしている皆さん」(撮影:トヨエモン)です。

皆さん真剣です!!トヨエモンも真剣です!!

20140507_124856

皆さんは右から来る電車を狙っているのですが、実は、

右からの電車は物陰から急に出てくるので、人間の反射速度では

絶対(!?)にシャッターを押せないタイミングで出てきます。

ちなみに上の写真は、左から右へ去っていく電車です(笑)

 

結局、この後、右からの電車が来たのですが、

皆さんシャッターチャンスを捉えられなかったようで、

「あぁ~」と残念そうな声を漏らしていました。

 

さて、当社のバラ園は、来週あたりがピークになりそうです!

本家バラブログ:「タカナシ乳業バラ園にようこそ」も

引き続きチェックしてみてください!!

 

おしまい。

 

2014年5月 7日 (水)

湘南祭2014

こんにちは。

トヨエモンです。

 

皆さん、GWはリフレッシュできましたでしょうか?

残念ながらトヨエモンにとって、5月3~6日の4連休は

イマイチなお休みとなってしまいました・・・涙

この間にいいネタがあればアップしようと思っていたのですが、

そんな感じだったので、GW前半(4月26、27日)に開催された

茅ヶ崎の湘南祭をちょっと紹介しまっす!!

 

湘南祭は、毎年この時期に茅ヶ崎のサザンビーチで開催されるイベント☆

人混みのキライなトヨエモンは、いつもは様子を見るだけ。

ソッコー家に帰って引きこもります・・・(笑)

なぜなら、外出するにも人だらけで、結局、家にいることになってしまうのです・・・。

しかし、今年は天気も良かったし、せっかくなので行ってみました☆

 

酒や食べ物を買い、ビーチに拠点を構えたところ、なんだか

お隣は大勢の人がシートを引いて楽しげです。

ただ、集まっている人たちはトヨエモンよりちょっと年上な感じの人で、

ギターや小さなアンプ、マイク、ビデオで撮影している人までいて、

イマイチなんの集まりなんだか分かりません。

 

そのうち、一人がギターを弾き、もう一人がサザンの歌を歌い始めました。

すると、一緒に集まっている人たち、大盛り上がりです。

20140426_142030

 よくよく見ると、何人かは「いとしのエリーズ」というTシャツを着ています。

こうなったら、まだ使いこなせていないスマホの出番です。

”いとしのえりーず”・・・ググります。

”サザンオールスターズのトリビュートバンド”・・・”関東周辺で活動”・・・etc

色々と情報でてきます。

”今年も湘南祭に参加します!!”・・・どうやら毎年、湘南祭でLIVEをしている

有名な(!?)サザンのコピーバンドの方たちと、そのファンの集まりだったようです。

検索している間も人がどんどん増え、ビーチでのミニLIVEも盛り上がっていましたね☆

 

このバンド、当日のステージのトリだったようですが、トヨエモンはビーチのミニLIVEのあとで

家路に着いてしまったので、実際のLIVEの様子は分かりません。

気になった方は、Youtubeに今年のLIVEの様子がUPされているようなので

チェックしてみてください☆

 

ちなみに、トヨエモンは特にサザンのファンというわけではありません・・・。

 

おしまい。

 

 

 

 

 

2014年5月 4日 (日)

腸管バリアとLGG菌⑩

こんにちは。

トヨエモンです。

 

ついに10回目を迎えました!!(祝)

本当にいつまで続くのでしょうか・・・(苦笑)

 

さて、LGG菌の抗菌性は、どうやら一つの物質によるものではないということが

前回までの記事でお分かりいただけたのではないでしょうか?

世の中、たいていのことは一つの要因だけで片付かないのが普通だと思いますが、

一般的に、人は「一つの分かりやすい結果」を求めがちです。

ということで、今回はソレを紹介します。

 

この報告は、2009年に米国Luらのチームによって発表されたものです。

彼らは、LGG菌の培養液から2種類の抗菌性ペプチドを単離してきました。

※     ペプチド: アミノ酸が複数(大体2~数十個といわれています)つながったもの。

タンパク質はさらにアミノ酸が沢山つながった物質(ポリペプチド)です。

詳しく知りたい方はWikiってください(笑)!

 

その2種類ペプチドは、

① NPSRQERR(アスパラギン-プロリン-セリン-アルギニン-グルタミン-グルタミン酸-アルギニン-アルギニン)

② PDENK(プロリン-アスパラギン酸-グルタミン酸-アスパラギン-リシン)

というアミノ酸がつながったものでした。

 

この抗菌性ペプチドは、グラム陰性菌である大腸菌とサルモネラに対して大きな効果を示しました。一方でグラム陽性菌のブドウ球菌に対しての効果はあまり強くありません。

※ Lu et al. J Pediatr Gastroenterol Nutr (2009)

 

しかし、LGG菌の培養液中から、乳酸以外で「コレだ!!」という物質が分離されたことは、非常に大きなことです。

 

ここまでハッキリとした報告を紹介しておきながら、最後はもやっとさせますが、

いずれにしろLGG菌の抗菌性は一つの物質によるものではなく、乳酸やその他の酸、

さらに抗菌性ペプチドなどを産生し、様々な要因によって成り立っているのですね!

 

おしまい。