« バラが咲き始めました! | メイン | LGGラボ.jpがリニューアルしました!! »

2013年4月23日 (火)

アトピー性皮膚炎とは?①

こんにちは。
トヨエモンです。

さて、前々回の更新で「LGG菌とアトピー性皮膚炎」について
もう一度洗いなおしてみたいと書きました。
ところが、私自身、喘息や鼻炎といったアレルギーはあるのですが、
アトピー性皮膚炎についてはよく知りません。

そこで、まずはアトピー性皮膚炎とは何ぞや?というところから
勉強していきたいと思います。

日本皮膚科学会のアトピー性皮膚炎診療ガイドラインによれば、
(http://www.kyudai-derm.org/part/atopy/pdf/atopy2009.pdf)
アトピー性皮膚炎の定義は、

『憎悪・寛解(かんかい)を繰り返す、瘙痒(そうよう)のある湿疹を主病変とする
疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ』
アトピー素因:①家族歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、
アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の疾患)、または
②IgE抗体を産生し易い素因

と、なんだか難しそうな定義になっております。

つまり、痒みのある湿疹が、悪くなったり、良くなったりを繰り返す症状で、
さらに家族や自分に喘息やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎があったり、
もしくはIgE抗体を産生しやすい場合、アトピー性皮膚炎と診断されるようです。

これでも、また難しそうです。
IgE抗体については、2012年3月9日の「花粉シーズン突入!!」を読んで下さい。
https://lgg-samurai.blogat.jp/lgg/cat06/?p=2
IgEは、アレルギーの基本的なメカニズムに必ずと言っていいほど関わってきますね。

そして、トヨエモンは気付きました!自分はアトピー素因を持っていることを・・・。
2つもありますね・・・喘息、鼻炎。

つづく。