« 2012年5月 | メイン | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

ランセット②

こんにちはケンノシンです。

今回は、次回の続き、サルミネン教授とイソラウリ教授の研究チームの研究を紹介します。

まずは、家族にアトピー発症歴(アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、喘息)がいる妊婦さん132人を2つのグループに分け、片方のグループには出産の2~4週間前からLGG菌の入ったカプセルを摂取してもらい、出産後も6ヶ月間LGG菌を飲んでもらいます。
ここで、出産後、人工乳で赤ちゃんを育てる場合は、LGG菌を水に溶かして赤ちゃんにも摂取させます。

もう片方のグループにはLGG菌が入っていないカプセルを摂取してもらいます。

この試験後、生まれた赤ちゃんが2歳になったときにアトピー性皮膚炎の発症率はどうなったか・・・・

LGG菌を食べていないグループでの発症率は46%
LGG菌を食べたグループでの発症率は23%

LGG菌を食べたことによって、アトピー性皮膚炎発症率が半減するという結果となりました。

見事、仮説どおり、赤ちゃんに乳酸菌で刺激することによるアレルギー予防が明らかになった実験となりました。

さらに、この赤ちゃんの追跡調査を実施したところ、4歳、7歳まで成長しても、アレルギーの発症を抑えていることがわかりました!
K0031_4
この論文は「Lancet(ランセット)」という医学会では権威ある雑誌に掲載され、LGG菌が世界で注目を浴びました。

つづく

2012年6月26日 (火)

ランセット①

こんにちはケンノシンです。

「衛生仮説」と「免疫」と「アレルギー」について長々と説明してきました。
ここでやっとブログの主役である「LGG菌」が登場します。

2001年にアレルギー性疾患である「アトピー性皮膚炎」の予防の研究の一環として、フィンランドのツルク大の研究チームが非常に画期的な実験を世界で初めて実施しました。

この研究チームのセポ・サルミネン教授とイソラウリ教授はこの実験に至るまで、LGG菌を使用したアレルギー性疾患の治療や予防に関する可能性を発表していました。

①「衛生仮説」の考えからすると、幼少期に綺麗な環境で菌の刺激がないならば、なるべく早い段階で菌に触れさせればいいのでは!?

②赤ちゃんはお母さんの腸内環境を受け継ぐことが知られているため、妊娠中にお母さんの腸内環境をよく保てば、赤ちゃんの腸内環境が正常に働くのでは!?

このようなことが考えられると思います。
次回、実験の内容についてお話しします。

つづく

2012年6月21日 (木)

腸内細菌学会にて

こんにちは。

トヨエモンです。

 

さて、前回告知した腸内細菌学会ですが、神戸からブログを書くつもりが、

色々とバタバタしてしまい、書くタイミングを逸してしまいました。

ということで、遅ればせながら簡単なご報告です。

 

今回は、「Lactobacillus GG菌発酵乳の炎症性腸疾患に対する作用の検討」

というタイトルで発表しました。

発表形式は、3分間のショートプレゼンテーションとポスター発表の二刀流☆

内容は、昨年、今年の農芸化学会での発表をレビューした感じですが、

新たにヒト由来の細胞をつかった試験のデータを発表しました。

 

会場は神戸産業振興センターで行われたのですが、ホール、ポスター会場が

狭く感じるほど多くの参加者、懇親会もすぐに満員になり、残念ながら

トヨエモンは楽しみにしていた懇親会に出席できませんでした(涙)。

 

そして、学会とは全く関係ないのですが、お昼にケンノシンとランチへ行ったところ、

会場近くに面白いオブジェがありました。

 

Y0056

Din Donという名前のこのオブジェ、玉っころが色々なコースを落ちてくるのですが、

様々な仕掛けがあって、ずっと見てても飽きないんです。

写真じゃ伝わりにくいので、是非実物を見て頂きたいです。

 

そして、いい年をしたサムライ二人が、このオブジェの前で子供のように

ひたすら転がる玉っころの行方を追っていたのは言うまでもありません・・・。

(サボってたわけではないんです・・・)

 

おしまい。

2012年6月 8日 (金)

学会発表告知!!(腸内細菌学会)

こんにちは。

トヨエモンです。

 

来週、61415日に神戸産業振興センター「ハーバーホール」にて

16回腸内細菌学会が開かれます。

今回は若手の研究者を育むことを大会テーマに

『腸内細菌学における“コロンブスの卵”―先駆的着想と人材育成にむけて―』

と題して開催されます。

もちろん若手のLGG菌サムライ達も発表&聴講予定です☆

 

Y0051

腸内細菌学雑誌が来ました!!

この中にプログラムがありました。

 

開いてみると・・・

Y0052

拙者たちの発表は93ページでした。

 

腸内細菌学会の情報については、下記のリンク先を

訪れて頂ければと思います。

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jbf/meeting/index.shtml


おしまい。

 

2012年6月 6日 (水)

綺麗すぎるとアレルギー!?⑤

こんにちはケンノシンです。

 

前回はT細胞のバランス(Th1細胞とTh2細胞)が拮抗していることが大事であることをお話しました。

今回はT細胞のバランスはどのようにして成り立っているのか!?

 

実は、生まれて間もない赤ちゃんはこのバランスが崩れており、Th2細胞が活性化している状態になっています。ここから、腸内細菌叢が形成されたり、外気からの微生物と触れ合うことにより、Th1細胞が刺激され、Th1細胞が活性化します。これによりTh1細胞とTh2細胞が拮抗し、バランスが取れてきます。

 

このような免疫システムが明らかになってくることで、「衛生仮説」の考えが注目されてきました。

 

環境が綺麗になりすぎると、小さい子供から微生物などからの刺激を受けないので、免疫システムが異常になり、アレルギー症状が増加してくると考えられるんです。

やっとつながりましたね。

 

ただし、この仮説の考え方は一説ですので、アレルギーの全ての原因ではないのでご注意を。

 

つづく

 

2012年6月 1日 (金)

またまたバラ園

こんにちはケンノシンです。

鎌倉へぶらりと行った際、某場所で「バラ園」なるものを発見しました。

こちらのバラ園も会社のバラ園とは違いなかなかの咲きっぷり!

K0026

ここのバラは会社のバラと比べると背丈が大きく茂っている感じ
品種の違いなのか!?育て方なのか!?

K0027

天気も良く、バラ園を徘徊していると、
バラ園の向かいの芝生の庭でイベントが始まりました。
貰ったチラシには、「書・尺八・薔薇の宴」と書いてあり、尺八の演奏に合わせて、書道をするイベントらしい。
最近では、音楽に合わせて女子高生が書道をするパフォーマンスがあるらしいが、それとは違う様子。

何気に人が集まっているので拝見しに行きました。

K0028

 

静かな芝生の庭で尺八の音だけが響き、書道家らしき人が大きな筆で文字を書き始めました。


K0029

薔薇!?

さらにその上にまた何やら書き始め

K0030

「百花繚乱」

字の上に字を重ねるとは・・・
芸術には疎いケンノシンですが、なかなか楽しいイベントでした。

おしまい