« 2012年4月 | メイン | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月29日 (火)

シンポジウムに行ってきました!!(北里大学)

こんにちは。

トヨエモンです。

 

去る525日、北里大学乳酸菌プロジェクトの

公開シンポジウムに行ってきました。

やはり乳酸菌というと注目の研究テーマ。

多くの聴講者が参加されておりました。

 

今回は,

東北大学 北澤先生、北里大学 向井先生と市川先生、

その他乳酸菌ビジネスを最近展開し始めた企業による講演がありました。

 

北澤先生はマウスやラットではなく、よりヒトに近い動物であるブタを用いて

研究をされており、これまでにLGG菌を用いた研究結果も発表されております。

とても先進的な研究をされており、今後の更なるご活躍を期待したいと思います。

 

Y0050

プログラムの最後のパネルディスカッションの様子です。

皆さん、活発な意見交換をされておりました。

 

最後に、

各先生方が「プロバイオティクス」についてのお話をされる際に

2001年に医学論文「ランセット」に掲載された“LGG菌とアトピーの研究”について

必ず紹介されておりました。

やはり、プロバイオティクスが免疫機能などにも関わるということを

ヒトの臨床試験で示した研究ということで、センセーショナルな出来事で

あったことを実感させられます。

LGG菌の歴史を改めて感じさせられましたdiamond

 

さて、このランセットに掲載された研究については、

なんとケンノシンが紹介すると意気込んでいますdash

そういえば、最近、一生懸命アレルギーについて書いてますね・・・。

ということで、もう少しお待ち下さい(^^;)

 

おしまい。

2012年5月25日 (金)

綺麗すぎるとアレルギー!?④

こんにちはケンノシンです。

前回のつづきです。

綺麗すぎるとアレルギー!?①
https://lgg-samurai.blogat.jp/lgg/2012/04/post-dbf2.html

綺麗すぎるとアレルギー!?②
https://lgg-samurai.blogat.jp/lgg/2012/04/post-d9af.html

綺麗すぎるとアレルギー!?③
https://lgg-samurai.blogat.jp/lgg/2012/05/post-2eb8.html


免疫システムの司令塔であるT細胞はTh1細胞とTh2細胞の2種類があり、お互いに拮抗しながら体を守っています。

ここで重要なのはお互いのT細胞の力がバランスよく拮抗しているのが重要なのです。

K0021

もし、どちらかの細胞が強く働きすぎると、体を守るシステムなのに、体に異常反応が起こります。
この異常反応のなかでもTh2細胞が強く働きすぎると免疫の異常反応であるアレルギー症状が出ると考えられています。

K0022


前回に出てきましたが、Th2細胞は間接的に侵入者を倒す弓矢隊や鉄砲隊に指令を出します。
このTh2細胞が強く働くと、矢や鉄砲の弾が過剰に放たれます。この矢や鉄砲の弾にあたるのが「IgE」です。

K0023_3

l
トヨエモンのブログでも(https://lgg-samurai.blogat.jp/lgg/2012/03/post-40a2.html )出てきましたね。
このIgEの過剰生産がアレルギーの原因の一つと考えられています。
通常では、大事な体の防御反応を示すTh2細胞ですが、強く働きすぎると、IgEが過剰に生産されて、アレルギー症状が出るのです。

簡単に言えば、Th2細胞が強く働かないようにするか、Th1細胞を強く働かせることにより、アレルギー症状を改善できる可能性があると考えられています。

本当は複雑に絡み合っている免疫ですが、代表的なものを今回は説明しました。

つづく





2012年5月22日 (火)

幻想的な朝

こんにちはケンノシンです。

昨日の朝は皆さん、もちろんご覧になりましたよね!?
朝からテレビでは金環日食のことばかりでしたね。

もちろんケンノシンも家から観察しました。
ベランダが東向きなのでロケーション的には最高!

天気が曇りだったので見えるか微妙なところでしたがちゃんと確認できました。
しかも、曇りが功を奏し、普通にカメラで撮影することができちゃいました!!

K0025_2

しっかりリング状になっています。

これを利用してかなりの精度で太陽の大きさを測定できるらしい byトヨエモン

おわり

2012年5月17日 (木)

またまた、お花・・・

こんにちは。

トヨエモンです。

 

最近のLGG菌サムライの日課は、お昼休みに会社の周りの植物チェック。

前回は雑草の花を紹介しましたが、今回はバラ園。

ようやくバラ達が咲き始め、いい香りに包まれています。

 

Y0047

トヨエモンは品種が分かりません・・・

 

Y0048

満開です。


Y0049

こちらは、もう少し時間がかかりますが、

満開になればバラのトンネルになります!!

 

コチラ(↓)のブログには、もっとキレイな写真がありますので

是非訪れて下さい!!

タカナシバラ園ブログ

 

 

おしまい。

 

2012年5月11日 (金)

綺麗すぎるとアレルギー!?③

こんにちはケンノシンです。

前回、「衛生仮説」についてお話しました。
環境が綺麗すぎるとアレルギーになりやすいという仮説です。

綺麗すぎるとアレルギー!?①
https://lgg-samurai.blogat.jp/lgg/2012/04/post-dbf2.html

綺麗すぎるとアレルギー!?②
https://lgg-samurai.blogat.jp/lgg/2012/04/post-d9af.html

ではなんで綺麗すぎるといけないのか!?
ここから免疫システムとの関わりが重要になってきます。

免疫システムは非常に複雑なネットワークになっていて、我々の体を守っています。
この免疫システムのバランスが崩れると生体内での異常反応がおこりアレルギー反応が起こります。

バランスが崩れるということですが何のバランスが重要なのか・・・これは免疫細胞の一つである「T細胞」のバランスが重要であると言われています。

T細胞の中には「Th1細胞」と「Th2細胞」という2種類があります。
両細胞とも免疫システムの司令塔のように働き、ほかの免疫細胞へ指令を出しています。
Th1細胞は侵入者に直接働きかける免疫細胞に指令を出し、Th2細胞は侵入者に間接的に攻撃する免疫細胞に指令を出します。

例えるなら・・

Th1細胞は攻め込んできた敵軍(侵入者)を直接、肉弾戦で倒す足軽隊や槍隊に攻撃指令を出します。
一方、Th2細胞は攻め込んできた敵軍(侵入者)を間接的に遠くから狙撃する弓矢隊や鉄砲隊に攻撃指令を出します。(あくまで個人的な想像です・・・)

K0020_2

このように2つのT細胞は二段構えで侵入者に対抗し、体を守っているのです。

つづく

2012年5月 9日 (水)

GW

こんにちはケンノシンです。

みなさんGW(ゴールデンウィーク)はどうでしたか!?
今回は長期の休みになっていたのでエンジョイできたのではないでしょうか。

ケンノシンは特に旅行に行くこともなかったのですが、近場の動物園に行ってきました。
ここの動物園の目玉はパンダや象などのメジャーな動物ではなく「オカピ」なるものが有名です。
なんでこんな動物が目玉になっているのか不思議でしたが、世界三大珍獣の一つとなっており、かなり希少な動物だそうです。
世界三大美女、世界三大珍味などは聞いたことがありますが、世界三大珍獣は聞いたことがありませんでした。

初めて聞きましたが、ジャイアントパンダ、コビトカバ、オカピがこの世界三大珍獣と言われているそうです。
パンダと同じ部類に入っているだけで、なぜか貴重な動物のイメージに思えてきます(笑)

K0024

ちなみに、オカピは足がシマウマのようですが、キリン科に属しているので草食動物です。
ぜひ機会があればご覧あれ。

おわり