« インフルエンザにご注意!!② | メイン | インフルエンザにご注意!!④ »

2012年2月 3日 (金)

インフルエンザにご注意!!③

こんにちは。トヨエモンです。

前回、インフルエンザとLGG菌についての研究について
書くと言ってしまった手前、LGG菌サムライとしては
紹介しないわけにはいきません。
それでは、いざ出陣!!

ところで、そもそも「なぜ、乳酸菌とインフルエンザ」なのでしょうか?
乳酸菌といえば「腸」!
インフルエンザといえば「呼吸器系(気管や肺)」!!
なんだか、全くつながる雰囲気がありません。

もともと乳酸菌の健康に対する研究は、おなかの調子を
整える作用(整腸作用)がメインでした。
しかし、どんどん乳酸菌研究の分野が広がっていくにつれ、
いろいろな機能をもっていることが分かってきました。
その一つが「免疫を増強する」という機能でした。

実は、腸は体の“免疫センター”と呼ばれるくらい、
免疫に重要な器官です。
腸には免疫力に関わる細胞がたくさん存在しており、
乳酸菌がこれらの免疫細胞を活発化するようなのです。
とくに写真のパイエル板と呼ばれる部分には、
ものすごい数の免疫細胞が集中して存在しています。

Y0018
黄色の矢印で示したところがマウスのパイエル板です。
ここには免疫にかかわる細胞が沢山います。

LGG菌が腸内に入るとこれらの免疫細胞を刺激し、
結果として免疫力が高まると考えられています。

なんだか、前置きばかりで研究の紹介にまだ辿り着きません・・・。
次回は、ちゃんと研究の紹介にはいれるよう頑張ります!!

つづく。