« 故郷(ふるさと)② | メイン | 乳酸菌界のスーパースター »

2011年11月29日 (火)

Road to Japan

こんにちは。トヨエモンです。

Road to ブラジル!!
男子サッカー、ザック・ジャパン頑張っていますね。
北朝鮮には負けてしまいましたが・・・(悔しい!!)
このまま順調に最終予選を勝ちあがって、W杯に向かって突っ走って欲しいですね。

さて、今回はRoad to Japanというタイトルですが、「LGG菌、日本への道のり」ということで、LGG菌が日本へやって来たころのエピソードについて紹介します。

そもそも、LGG菌が日本へやってくるきっかけとなったのは、1991年に弊社タカナシ乳業の現社長がフィンランドのバリオ(VALIO)社に立ち寄った際、LGG菌に出会ったことがはじまりです。

今でこそプロバイオティクス乳酸菌の情報がテレビ、雑誌、インターネットでたくさん紹介されていますが、当時、バリオ社から説明されたLGG菌の機能は理想的すぎて、社長も半信半疑だったそうです。
そこで「本当にLGG菌はそんなにスゴイのか?」ということで、研究所スタッフにLGG菌の
研究・関連文献の調査をさせました。

すると、LGG菌のもつ下痢に対する回復効果、腸まで生きて到達する能力、腸内でとどまる能力などすぐれた機能をもつ乳酸菌だということが分かってきました。

「これはオモシロイ乳酸菌かもしれない!!」

そして、LGG菌の日本への展開が始まることになります。



Y0001_2

当時、研究所スタッフが調べた文献のファイル見つけました。
全部で20報くらいあります。



Y0002

中を見てみると、英語の論文とその日本語要約まであります。



注)この内容は、あくまでもLGG菌がヨーグルトなどの食品に使われる理由で
日本へやってきた最初のエピソードです。
研究などの理由では、既に日本へ入ってきていたかもしれません。