アレルギー

2016年3月 1日 (火)

本格的にスギ花粉が飛散し始めました!

こんにちは。

トヨエモンです。

 

スギ花粉シーズンに突入 in 2016!!でも触れましたが、

先週末辺りから急激に花粉飛散量が増えています。

いよいよ本格的なピークとなります。

 
 

ちなみに今週末に向けて、さらに多くの花粉が飛散しそうです。

不要・不急の外出は控えた方が無難でしょう。

 

トヨエモンは花粉症でないものの、

喘息などのアレルギー疾患持ちですので、

症状が出たときは本当にツライです。

 

とは言っても、自分が花粉症でないと、

そのツラさが解らない部分もあり、

花粉症の方に対する思いやりが欠けることもしばしば。

申し訳ないと思います。

 

そんなトヨエモンが伝えられることは、

乳酸菌の可能性だけです。

先月紹介したアンケート調査でも

● LGG菌とTMC0356菌–アンケート調査①

● LGG菌とTMC0356菌–アンケート調査②

摂取1週間で排便回数が増えたと答えている人が4割、

摂取2週間で全体的な体調が良くなったと答えている人が4割に

達しています。

なので、事前準備をしてこなかった方でも、

今からそのポテンシャルを引き出すことが可能かもしれません。

 

ちなみに、

LGGラボの花粉と乳酸菌に関するページが

リニューアルされていますので、

こちらも是非ご覧になってください。

 

最後に、

乳酸菌がアトピーや花粉症のようなアレルギー疾患に効果あり!という

エビデンスは多くあります。

なので、これらの疾患の予防に対して、

乳酸菌を食事に取入れる価値は十分にあるかと個人的に思っています。

  

おしまい。

2016年2月 8日 (月)

スギ花粉シーズンに突入 in 2016!!

こんにちは。

トヨエモンです。

 

実は、昨年末辺りから、

このブログのアクセス数が少しずつですが増えています。

LGG菌の話が少なく、ほとんどがトヨエモンのたわいない話・・・

そんな中、訪問してくださっている方々には本当に感謝です。

ありがとうございます!

一方で、密かにプレッシャーを感じている今日この頃です(汗)

 

さて、神奈川県も週末辺りから花粉シーズンに突入したようです。

トヨエモンは花粉症ではありませんが、年がら年中鼻水小僧なので、

花粉が飛んでいるかどうかは分かりません・・・。

申し訳ございません。

  

花粉情報を見る限りでは、今週はまだまだ飛散量は少なさそうですが、

花粉症の方は特にマスクの着用を徹底した方が良さそうです。

また、スギの木がある山間(やまあい)の方では、

情報より多くの花粉が飛散していることがありますので、

より注意です。

 

トヨエモンも以前、神奈川県・東京都内の各地における

花粉飛散量のデータを調べたのですが、

観測地点によって飛散量が全然違うので本当に驚きました。

 

ちなみにトヨエモンの実家の方は山なので、

めちゃめちゃ飛散量が多かったのでした・・・。

よくよく思い出すと、子供の頃、

スギ花粉が舞っているなかスギ林でしょっちゅう遊んでいましたね・・・

今考えると汗が出てきます。

黄色い粉がサラサラ〜っと舞ってるんですよね。

これを読んで症状が出てしまった方などがいたら

申し訳ありません。

 

あと、花粉については過去に

このブログでもたびたび紹介してきました。

(コチラ↓)

壱) 花粉が飛び交う前に by タケサブロー

弐) 花粉症改善作用に関する雑誌が発刊されました!

参) 花粉シーズン突入!!

・・・

(なんと参は、ほとんど同じタイトル…芸が無いですね〜笑

でも、意外にちゃんと書いてます!)

ちなみに一番上のタケサブローの記事では、

幼児期の皮膚のケアが花粉症に重要だと書いてありますね。

確かに、口より皮膚からの感作がアレルギーには重要という説も

たびたび学会で発表されているので、なんとなくそうなのかな〜とも思います。

是非、タケサブローの記事もご一読を!

 

そして、言わずもがなですが、アレルギーには乳酸菌!

あまり更新が進んでいないLGGラボですが、

こちらにも世界で最も研究されているLGG乳酸菌プラス

我らのオリジナル乳酸菌TMC0356による、

春季の鼻のケアに対するポテンシャルを紹介しています!

是非、サイトを訪れていただければと思います。

ちなみに、少しだけですが内容は一応更新されています。

また、近々リニューアルもしていく予定です(本当かな???)。

 

おしまい。

2014年2月17日 (月)

LGGラボ新ページ

こんにちは。
トヨエモンです。

少々、紹介が遅れてしまったのですが、LGG菌の研究についてまとめている
WebサイトLGGラボに新しく花粉症関連のページが更新されています。

こちらは、LGG菌と、タカナシ乳業オリジナルの乳酸菌であるTMC0356菌(ガセリ菌)の
研究について紹介していますので、是非ご覧下さい。

本来LGGラボは、LGG菌やその機能性について科学的根拠を交えて紹介するページですが、
今回、ページ内には”バリア機能”という言葉の使い方などに、多少サイエンスと離れた部分が
あります。
あくまでイメージなので、ご理解下さい。
ただ、現在、トヨエモンがブログで書いている「LGG菌とバリア機能」を読んだ方は、
多少混乱することがあるかも知れませんね・・・トヨエモンも正直書きにくいです(苦笑)

ただし、詳しい解説のほうには、それぞれの機能をしっかりと記述してありますので、
そちらを読んでいただければ問題ないかと・・・。

おしまい。

2014年1月20日 (月)

花粉が飛び交う前に

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます!
タケサブロウです。
LGG菌サムライ達の日記、毎年新年のご挨拶は、長野県の善光寺から!と
暗黙に決まっている?サムライルールを遵守し、ブログをアップせずに沈黙を
貫いていました…。
嘘です!サムライらしからぬ言い訳、切腹に値しますね。m(-_-)m 
ケンノシンの善光寺2年参り、すごい人ですね!!

タケサブロウは湘南から富士山を眺めておりました。
トヨエモンの諏訪湖の写真といい、今年の正月の天気は良い所が多かったようですね。

さて、毎年この時期から、花粉の話が飛び交います。
テレビで花粉の映像を見たり、話を聞くだけでもムズムズしてしまう人もいるので、出来れば、話題も花粉も飛び交わないでいただきたいものです。

ひと昔前までは花粉症は大人のアレルギー疾患と考えられていました。
花粉症は、一年のうちでも一定の期間だけ花粉(抗原)にさらされるため、
一定量のIgE抗体が蓄積されるには長い期間が必要なのです。(IgE抗体については、2012年3月9日の「花粉シーズン突入!!」を読んで下さい)
http://lgg-samurai.blogat.jp/lgg/cat06/?p=2
そのため発症のピークは20~30代で、大人のアレルギー疾患と言われる所以です。

去年までは大丈夫だったのに、今年に入って花粉症になっちゃったわって
声も周りの方から、ちらほら聞くことがあると思います。
これはこの蓄積される期間が人によって異なるからと言われております。
コップに水を注いでいくといつか溢れてしまいますね、溢れてしまったら花粉症になってしまった、ということでコップの大きさは人それぞれ違うようです。
(それ以外に遺伝的な要因もあると言われています)

ただ、最近では低年齢でも花粉症になるケースが珍しくないとか。
なんと、3割の子供が花粉症であるとの話も!
コップの大きさが昔よりも小さくなっているのか!?

どうやら乳児期に湿疹が続くと花粉症になりやすくなってしまうとのことです。
湿疹...つまり、皮膚の状態が悪いと様々な抗原は皮膚から入りやすくなるので、幼児期の花粉症対策、皮膚に保湿剤などを塗ってケアすることも大事なようです。

花粉症だけでなく食品アレルギーも然り!
昔、エビアレルギーの友人が、エビ粉末入りのお好み焼きミックスを混ぜている間にアレルギーを発症してしまったのを思い出しました。

昨年11月末に開催された日本アレルギー学会でも、経口感染(食事による抗原の侵入)と経皮感染(皮膚からの抗原の侵入)の両面をいかに抑えるかが重要だというお話もありました。

今年東海から東北地方は、去年より若干花粉は少ないとの予想発表がありましたが、あなどれません。
タケサブローは昨年、最近妙に涙もろいなと思っていたところ、不覚にも花粉症と判定されてしまいました。
本格的に花粉が飛び交う前(2月上旬から中旬)に、今日から積極的に乳酸菌を摂取して、免疫力を高めるセルフケアを行っていきたいと思います。

end。

2013年11月 7日 (木)

日本アレルギー学会

こんにちは。
トヨエモンです。

 

さて、2013年11月28~30日の日程で、日本アレルギー学会の大会が開催されます。

第63回日本アレルギー学会秋季学術大会
会場:ホテルニューオータニ
HPはここ↓
http://www2.convention.co.jp/63jsa/

 

非常に大きな学会ですので、

会場数もいっぱい!(10会場)

来場者もいっぱい!!

講演数もいっぱい!!!

これだけ大きな学会になりますと、聞きたい演題をセレクトし、
会場間を移動するだけでも大変です。

ケンノシンは聴講しに行くとのことですが、一人では回りきれないとヘルプを募集中!
冷たいトヨエモンはヘルプ要請を無視しています・・・^^;
(一般募集はしていませんが、誰か一緒に行ってあげて下さい!!)

また、学会というと、専門家が集まり、小難しい話でいっぱいのイメージがありますが、
市民公開講座もあります。無料です!
詳しくはココ↓

http://www2.convention.co.jp/63jsa/shimin/index.html

テーマは花粉症関連とのことで、興味のある方は参加されると良いかと思います。
※ 事前予約が必要、定員750名とのことなので、ご確認ください。

 

以上、学会情報でした!

おしまい。

 

2013年8月30日 (金)

アトピー性皮膚炎とは?②

こんにちは。
トヨエモンです。

 

さて、前回のアトピー性皮膚炎とは?①(2013年4月23日)より、
4ヶ月以上が経ってしまいましたが、その続きを書きたいと思います。

 

アトピー性皮膚炎は、昔は子供、特に乳幼児に発症する疾患だという印象が
強かったようです。
しかし、最近では成人のアトピー性皮膚炎も増えており、必ずしも子供の疾患では
なくなっています。

 

アトピーの原因ですが、乳幼児の時には食物が発症・悪化原因となっていることが多く、
卵や牛乳、小麦などを摂取することによって誘発されることが多いようです。
一方、歳をとるにつれて発症原因は、食物から汗や乾燥、ハウスダストなどの
環境要因が大きくなり、ストレスなんてのも発症原因になってくるのだとか・・・。

 

 

アトピーとは少し離れますが、
ここ1年くらいの間にトヨエモンは寝不足や体が疲れているときに
生卵や生イカを食べると湿疹が出てくるようになりました(涙)。
しかも、卵かけご飯、イカの塩辛、大好きです!!
たまに両方一緒に食べると、どちらが原因か分かりません(笑)

 

これはあくまで私の体験の範疇ですが、やはり普段からの体調管理が
アレルギーを誘発しない大きなポイントなのかな?と感じます。

 

おしまい。

2013年8月23日 (金)

ご無沙汰しております。

こんにちは。
トヨエモンです。

前回の更新からまた一ヶ月が経ってしまいました・・・。
最近の更新の滞り具合は、さすがにマズイですね~。

さて、だいぶ前に「アトピー性皮膚炎とは?」というタイトルで(2013年4月23日更新)、
アトピーについて勉強していくと書きましたが、全く進んでいませんね。。。
しかしながら、学会等に行くと必ずといっていいほど、LGG菌とアトピーの話が
紹介されます(ケンノシンが以前紹介したLancetの研究報告です)。
それなので、今回はちょっと小ネタを書いてみます(笑)

以前、アトピー性皮膚炎に対するLGG菌の効果を報告した研究(英国医学雑誌 Lancetにて発表)を
ケンノシンが紹介したことを覚えていますでしょうか?(2012年6月26日~)

この時は、アトピー性皮膚炎の発症率の部分のみにフォーカスして紹介しました。
つまり、妊婦さんと出生後の赤ちゃんがLGG菌を摂取することによって、
赤ちゃんが2、4、7歳になったときのアトピー発症率が下がるというものです。

一方で、このLancetの報告では、IgEについては影響がなかったが、
お母さんの母乳中のTGF-βという物質が増加したことも報告されています。

つまり、アレルギー反応の中心的な役割をしていると考えられているIgEを抑えるのではなく、
LGG菌は他のメカニズムを通してアトピーの発症を抑えていることが考えられました。

そこで、この研究を進めていたイソラウリ教授(フィンランド ツルク大学)は、母乳中の成分や
腸内細菌叢との関係などに着目して、幅広くLGG菌とアトピーの研究を進めてきました。

この研究によって、乳酸菌が体内でどのような働きをしているのか?という研究がより盛んに
なったことは間違いないでしょう。

 

最後に、トヨエモンが夏休みで撮った写真・・・ルリカミキリ。

Y0075

おしまい。

 

2013年4月23日 (火)

アトピー性皮膚炎とは?①

こんにちは。
トヨエモンです。

さて、前々回の更新で「LGG菌とアトピー性皮膚炎」について
もう一度洗いなおしてみたいと書きました。
ところが、私自身、喘息や鼻炎といったアレルギーはあるのですが、
アトピー性皮膚炎についてはよく知りません。

そこで、まずはアトピー性皮膚炎とは何ぞや?というところから
勉強していきたいと思います。

日本皮膚科学会のアトピー性皮膚炎診療ガイドラインによれば、
(http://www.kyudai-derm.org/part/atopy/pdf/atopy2009.pdf)
アトピー性皮膚炎の定義は、

『憎悪・寛解(かんかい)を繰り返す、瘙痒(そうよう)のある湿疹を主病変とする
疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ』
アトピー素因:①家族歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、
アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の疾患)、または
②IgE抗体を産生し易い素因

と、なんだか難しそうな定義になっております。

つまり、痒みのある湿疹が、悪くなったり、良くなったりを繰り返す症状で、
さらに家族や自分に喘息やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎があったり、
もしくはIgE抗体を産生しやすい場合、アトピー性皮膚炎と診断されるようです。

これでも、また難しそうです。
IgE抗体については、2012年3月9日の「花粉シーズン突入!!」を読んで下さい。
http://lgg-samurai.blogat.jp/lgg/cat06/?p=2
IgEは、アレルギーの基本的なメカニズムに必ずと言っていいほど関わってきますね。

そして、トヨエモンは気付きました!自分はアトピー素因を持っていることを・・・。
2つもありますね・・・喘息、鼻炎。

つづく。



2013年4月12日 (金)

LGG菌とアトピー性皮膚炎

こんにちは。
トヨエモンです。

ブログの更新を長らくご無沙汰しておりました。
体調を崩していたとかではありません。
ネタがなかっただけです・・・。
そして、今もネタは少ないです。

ただ最近、原点に戻ってLGG菌が一躍有名になった
アトピー性皮膚炎に対する研究について、もう一度洗い直したいと
思っています。

そこで、皆様(!?)と一緒に、LGG菌とアトピーについて
このブログで勉強していければと。。。

おしまい。



2012年7月 4日 (水)

ランセット③

こんにちはケンノシンです。

今まで、乳酸菌によるアレルギー予防効果の可能性を考えていた研究者はたくさんいました。
実際にヒトによる効果を明らかにしたのは、このフィンランドの研究チームの実験が初めてであり、LGG菌のみならず乳酸菌のパワーに注目が集まりました。

この研究のおかげで、乳酸菌の機能性は注目され、現在の免疫やアレルギーの研究につながっていると思います。

ちなみに、この研究チームのサルミネン教授とイソラウリ教授ですが、ナンポウ先生がフィンランドに居たこともあり非常に親しい関係なのです。

先日、サルミネン教授が来日した際にLGG菌の研究について、お話を聞きました。
LGGラボ.JP(http://lgglab.jp/interview/ )に詳しく書いてあるのでご興味のある方はご覧くだされ。

おわり