LGG菌とは

2017年7月27日 (木)

ヨーグルトをレンチンしてみる!

こんにちは。

トヨエモンです。

 

今回は、久しぶりに趣味以外の記事を書きたいと思います(笑)

 

実は、ある方より「ヨーグルトをレンジで温めて食べてよいのか?」

というご質問がありました。

冷たいものを避けるため、人肌程度まで温めて食べる際に、

レンチン(電子レンジでチン)したら、電磁波で乳酸菌が死んでしまうのではないかと・・・

 

ということで、 

日本では、おそらくヨーグルト(発酵乳)は冷えた状態で食べる前提で作られていますので、

ここでは美味い・不味いということなどは全く無視して(※1)、

温めてもちゃんとGG菌が生きているのか?と、お遊び程度に実験してみました!

 

まずはヨーグルトを買ってきます。

(ブログで色々と機能を説明しているおかげで製品を出せないっ・・・

モザイク処理をかけざる得ないのが悔しい!!)

Img_2576_2

しかも、自社の製品なのに、スーパーで購入・・・(笑)

理由はナンポウ先生のせいです・・・(苦笑)

  

 

購入したものはロット違いが混じっているので、

均一にするために、殺菌したビンに全て入れます。

 

Img_2577 

 

次に、均一にするために、手でビンを思いっきり振って

よ〜く混ぜ混ぜします!

 

Img_2578

多分、均一になっていると思いますw

 

  

同じ加熱条件になるように、

また一食分の量になるように、

100ミリリットルのビーカーに100グラムずつ小分けしていきます。

Img_2580

ちょっとのズレはご勘弁・・・

 

 

小分けしたら、レンチン前の温度を測定してから

電子レンジに入れます。 

 

Img_2581

 

今回は、600ワットで加熱することにしました。

時間は10、20、30秒。

 

Img_2582

600wに

 

Img_2583

こちらは20秒設定

 

   

加熱後はビーカーの表面と底面では温度が違い、

各箇所(表面、中間、底面)での測定はなかなか難しいので、

レンチン後にかき回してから温度測定しました。

 

Img_2584

こんな感じでw

だいぶ適当な測定ですけど・・・

 

その結果、レンチン前→レンチン後では(※2)

10秒:12.8℃ → 18.9℃

20秒:13.3℃ → 23.1℃

30秒:12.3℃ → 37.1℃

 

レンチン前の温度が若干高めなのは、

暑い中、トヨエモンがスーパーで買ってきたからでしょう(笑)

(それでも一定時間は冷蔵庫に入れたのですが・・・)

 

この結果をみると、人肌程度に加熱するには

30秒程度のレンチンが良さそうです。

 

そして、各サンプルのGGの生菌数(生きている菌の数)を測定しましたら、

全ての条件で100%の生存率でした!!

 

つまり、600w・30秒程度のレンチンで、

人肌程度の加熱であればGG菌は死なないと言ってよいのでは?(※3)

 

ただ、レンチンしたあとのGG菌が、レンチン前のものと

同じ能力(機能性など)を発揮するのかどうかはわかりません。

これは、冒頭で書いたように加熱前提のヨーグルトではないので、

飽くまで自己責任の範疇を超えることはない、ということになるかと。

 

ただ、とりあえずマイルドな条件のレンチンであれば、

GG菌は死んではいないようです!ということを書いて、

今日はサヨナラさせていただきます!

※1:要冷蔵のものを加熱した場合に、冷蔵状態のものとの同等性は担保されません。

お刺身を焼いてしまえば、刺身ではなく焼き魚になってしまうのと同じです。

※2:レンジの種類、ワット数、レンチン前の製品の温度などで条件が変わってしまいますので、

この記事の条件で全てがうまくいく訳ではありません。

※3:飽くまで、この実験はGG菌を使った際の結果です。他の乳酸菌株で同じかどうかは

わかりません。 

 

おしまい。

 

2016年12月 6日 (火)

第2の故郷が埼玉に・・・!?

こんにちは。

トヨエモンです。

 

以前、ある人から

「ヤモリ(爬虫類)の赤ちゃんは小指の爪くらいの大きさしかない!」 

と言われことを急に思い出して、

そんな小さいワケねーだろっ!と少し前ですが

ググって調査しました。

  

その結果、トヨエモンが出した結論は、

”ヤモリの赤ちゃんが小指の爪くらい小さい”

ではなくて、

”その人の小指の爪が、ヤモリの赤ちゃんくらい大きい”

ということになりました(笑)

 

まあ、 

”ヤモリの卵は小指の爪くらいの大きさ”だったら、

まだ分かるんですけどね・・・苦笑

 

  

そんな調査のなか、

とあるヤモリを愛する方のブログに出会ってしまったのです。

そのブログに出ていたのが、埼玉県の飯能市。

ここにはムーミン谷がある!という記事がありました。

 

そうなんです⭐︎

ムーミンといえば、トーベ・ヤンソンが描いた

フィンランドを代表するキャラクターなんですよね。

 

そして、フィンランドはLGG菌の第二の故郷note

トヨエモンの茨城みたいなものです!?

(過去記事はコチラ→故郷(ふるさと)②

ちなみに、2011年辺りはケンノシンもいっぱい記事をUPしているので、

読み返すと新鮮な気持ちなりますね(笑)

   

ヤモリの赤ちゃん、からの、

まさかのムーミン(フィンランド)だったのですが、

本日のYah⚪︎⚪︎(全然隠れていない!)のニュースを見たら、

埼玉県飯能市にムーミンのテーマパークができるという

記事が出ていました!?(驚)

  

ここまで繋がっていくとは思ってもいませんでした・・・

本当に世の中は不思議です。

 

おしまい。

 

  

ちなみにコチラはピーマン!

Img_1173 

ムーミンとピーマン・・・”ー”と”ン”くらいしか共通点なかった。。。

でも、トヨエモン、小さい頃からピーマン大好き!!

このピーマンたちも、茅産茅消を掲げる

地元の農家さんが育てられたものなんです。

 

2016年10月26日 (水)

20周年を祝いました☆

こんにちは。

トヨエモンです。

 

以前、このブログでも書いたように、今年は、

LGG菌がこの極東島国『日本』でデビューして20周年です!

本日はその20周年を記念してお祝いしました☆

 

その中で、VALIO社のRoss氏、昭和女子大の飯野教授、

そしてタケサブローに腸内細菌やLGG菌について

お話して頂きました。

 

Img_1016

VALIO社のRoss Crittenden氏。

ピリ(Pili)のことを鞭に喩え、

LGG菌を小さなインディー・ジョーンズと言っておりました(笑)

 

Img_1018昭和女子大学の飯野久和教授。

トクホ制度などについてお話頂きました。

 

Img_1021

我らがタケサブロー☆

海外でもかなり発表しているので

堂々としたものです!

そしてタケサブローのスライドは、いつもAB!!(※)

※ Artistic & Beutifulの略です(DAIGOさん風!笑)

 

そして、御三方には大変申し訳ございませんが、

最近このブログを読んで頂いている方は

もう感づいているハズ!!

そう、トヨエモンの大本命はもちろん・・・

 

この写真(↓)のコですheart02

Img_1029 

最近、トヨエモンの波乗り仲間になったコですね!!

(ニュウニュウ:強制的にサーファーにさせられたんだよぉ・・・)

大事な仲間の初ステージ、動画まで撮ってしまいました(笑)

 

ただ、ニュウニュウにはそんな波乗りキャラの設定はないので、

勝手に決めて、そのうち怒られるかもしれませんね。

 

でも、相鉄のそうにゃんはちゃんとサーフィンしてます♪

(その様子はコチラ→動物性?植物性?〜プロバイオティクスとは?外伝

そういえば、昔、ガチャピンもやってました♪♪

(YouTube探したら絶対あるハズ!)

 

なので、ニュウニュウにやらせても怒られる筋合いなし!!

 

おしまい。


 

 

2016年10月14日 (金)

連れ・・・!?①

こんにちは。

トヨエモンです。

 

先日、紹介したニュウニュウ!

(記事はコチラ→新しいキャラ!

LGG菌のゆるキャラです(笑)

 

さて、ニュウニュウのステッカー。

40間近の独身男性に貼る機会はありません・・・。

 

ってことで、

サーフボードに貼ってやりました!

 

Img_0841こちらは最近買ったVoodooというバリ産ボード(笑)格安!!

ロゴの間にニュウニュウが。。。 

Img_0860

こちらはメインのJS。

JSのボードのロゴはブルトーザー!

ということで、ブルトーザーを運転させます☆

 

ただ、ここは滑り止めのワックスを塗ってしまうため、

ニュウニュウが見えなくなっちゃいます・・・

 

Img_0862

ノーズの方にも貼ってやりました!

 

ニュウニュウがまさかのサーフィンの連れとなりました(笑)

しかし、ニュウニュウは全くサーフシーンに似合ってない・・・(苦笑)

 

おしまい。

2016年7月26日 (火)

動物性?植物性?〜プロバイオティクスとは?外伝

こんにちは。

トヨエモンです。

  

Img_0510

相鉄線のそうにゃんも梅雨バージョンから

夏バージョンに変わりました。

でも、神奈川県は梅雨明けしてませんね・・・。

 

最近、ブログを書いてるうちに疲れてしまい、

そのまま床に転がって寝ています・・・。

おかげで、朝は自動ログアウトで記事が消えています。

スゴい無駄・・・。

  

さて、その中で残っていた記事をアップします。

久々のシリーズものでしたね(笑)

 

以前、プロバイオティクとは?④

『ヨーグルトの発酵に使われる乳酸菌である

 Lactobacillus delbrueckii subsp. bulgaricus

(ブルガリア菌やブルガリカス菌、ブルガリクス菌などと呼ばれています)

* Streptococcus thermophilus(サーモフィラス菌)

は、基本的に胃酸で死んでしまい腸に到達しません。』

ということを書きました。

 

これが、巷でよく(?)言われている

”動物性乳酸菌は胃酸で死んでしまうが、

植物性乳酸菌は胃酸に強くて良い”

という根拠として使われているみたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

つまり、

『ヨーグルトやチーズは動物性の食品なので、

その発酵に使われるのは”動物性乳酸菌”で、

あまり酸度の高い環境では生きられない。』

 

一方で、

『漬け物は植物性の食品なので

その発酵に使われるのは”植物性乳酸菌”で、

漬け物の方がより酸性で塩も多いから強い。』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ということらしいです・・・(苦笑)

  

でも、動物性とか植物性とは、

簡単に言うと草食系男子や肉食系女子のような

カテゴリー分け程度の話です(笑)

 

よく「動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いは何ですか?」って聞かれるのですが、

そんな時は「乳酸菌は細菌です!動物でも植物でもありません!!」って

答えています♪

 

だって、

草食系男子は本当はシマウマで、肉食系女子は本当はライオンだなんて、

誰も思っていません。皆さん、どちらもヒトだと分かっていますよね!

でも、乳酸菌になると植物性とか動物性とかに惑わされて、

途端に解らなくなっちゃうんです。

まあ、惑わされたところで草食系と肉食系程度の

モノ凄い些細な話なんで、全くどうでもいいですが・・・(笑)

  

実際に乳酸菌学会では、動物性や植物性乳酸菌という呼び方は認めておらず、

論文等でも「植物由来」などと記載するようになっています。

  

動物性と植物性というハッキリとしない由来の呼び名のおかげで、

かなり混沌としている部分もあるようですが、

生きている植物そのものからなのか?それとも漬け物からなのか?

それだけでも環境はかなり違いますよね。

しっかりとその由来を把握しておくと困惑しなくて済みますね!

 

おしまい。

2016年7月 6日 (水)

タイミング?

こんにちは。

トヨエモンです。

 

昨日は、LGG菌の講演をしてきました。

聴講された方たちはトヨエモンより大々先輩の皆様。

プロバイオティクスや腸内細菌など、

なるべく話題のトピックを混ぜたつもりですが、

皆様とにかく色々と詳しい!

質問の内容など聞くと、トヨエモンももっと勉強しなきゃいけないな!と

強く感じさせられました。

  

今回だけではないのですが、よくある質問には、

「どんなタイミングでLGG菌を摂取すればよいのですか?」

というものがあります。

  

実は、学会でもどのようなタイミングが良いのか?って割れている部分なのです。

最近では、空腹時が良いとか、夜寝る前が良いとか、色々な意見があります。

ただ、プロバイオティクスには様々な種類と効果に対するメカニズムがあって、

実際は未だよく解らないことだらけというのも真実かと思います。

 

そんな状況でも、トヨエモンはやはり「LGG菌は食後に摂取した方が良い」と

今のところは考えております。

そのココロについては、またの機会にブログで書きたいと思います。

(ドラマティックな新しい研究報告があれば、考えも変わるかも知れませんが・・・)

 

おしまい。

 

Img_0448秦野へ久しぶりに行きました。

こちらは市街を流れる水無川。

名前のとおり、ほとんど水はありません。

小さい頃、水が無いのが面白くて仕方なかったのを

思い出しました。

 

 

 

2016年5月 2日 (月)

いつ食べるの?

こんにちは。

トヨエモンです。

 

本日はちゃんとお仕事でした(笑)

長期GWの方は、せっかくの連休なので楽しんで下さいね!

 

さて、あまりにトヨエモンのプライベートばかりなので、

今日は少しちゃんとした内容で書きます・・・

 

ちなみに、LGG菌でよく質問されるのが、

”いつLGG菌を摂ったらいいんですか?”ということ。

 

基本的に”空腹時”を避けるように言っております!

LGG菌は胃酸に強く、腸まで生きて届きます。

ただ、やはり胃の中に何も入っていない状態だと、

pHが高いのでダメージは大きくなりますね。

 

最近では、プロバイオティクスは空腹時に摂った方が良い、

という説もあるみたいで、まだまだ論議が必要な内容だとは思います。

ただ、現時点での科学的見解は、

空腹時を避けた方が無難ということですね。

 

おしまい。

 

Img_0250先日食べたブレス鶏の膀胱包み!

 

Img_0252膀胱をちょきちょきと切っていきます。

 

Img_0253すると中からブレス鶏が♪

 

Img_0254最後はソースと一緒にお洒落になりました☆

 

美味しかった(^^)〜 ♪

2016年2月23日 (火)

面白いタイトルの記事

こんにちは。

トヨエモンです。

 

昨年の話ですが、LGG菌のpili(ピリ)について

面白い記事が出ているので紹介します→コチラ

もっと早く紹介すれば良かったのですが、

昨年はあまりUPしてなかったので

機会がありませんでした。

 

面白いタイトルですネ(笑)

 

ちなみに、拙者らのブログでもピリネタは書いているので、

まだ読んだことが無い方は

さらに研究が進んでいるピリ!を。

このページにさらに過去記事へのリンクがあるので

読んで頂ければ幸いです!

 

ただし、トヨエモンたちの記事より、

やはりプロが書いた記事は面白い!

 

最後に休日に行った山中湖周辺の写真をUP☆

Mtfuji当日は天気が良かったうえに、

前日の雨のおかげで

ものすごく空気きれいでした☆

しかも、約20年ぶりの訪問(笑)懐かし過ぎ!

 

そして、一応、ほうとうも。

Hoto適当にその辺の店に入ったのですが、

昔食べた方が美味しかったような…

(あくまで個人的意見です)

でも、体も温まりました^^

 

おしまい。

2016年2月 6日 (土)

さらに研究が進んでいるピリ!

こんにちは。

トヨエモンです。

 

さて、最近更新が滞っていたので、昨日からの連チャンUPです。

 

これまでも、このブログでピリ(pili, 線毛)と呼ばれる

LGG菌がもっている特徴的な構造について書いてきました。

(コチラ ↓ 記事などです)

腸管バリアとLGG菌④

ピリりん

LGG菌の毛①

このピリは、LGG菌は腸にくっつくのに重要だと

考えられているものです。

 

今回、一番上の「腸管バリアとLGG菌④」で紹介している

ピリの構成タンパク質の一つであるSpaCの立体(3D)構造が解析され、

この論文(↓)で発表されたようです。

「Crystallization and X-ray Crystallographic Analysis of the Adhesive SpaC Pilin Subunit in the SpaCBA Pilus of Gut-adapted Lactobacillus rhamnosus GG」

Kant et al. Protein Pept Lett. (2016)

トヨエモンは未だ内容を読んでいませんし、

立体構造と言うと格好いいのですが、

大抵の場合、めちゃくちゃマニアックなので

読んでもトヨエモンの頭では「・・・?」でしょう(笑)

 

ただし、立体構造が明らかになると、

どのようにLGG菌が腸管に付着しているのか?などのメカニズムが

一気に解ってくるので、実は非常に重要なんです!

 

たとえば、カギ穴の形が分かれば、

それに”はまる”カギの形も分かるようにです。

 

そのうち、その他のSpaA、SpaBの立体構造も明らかにされていけば、

どんどん色々なことが解ってくるでしょう。

今後の動向にさらに期待がふくらみますね!!

 

最後に・・・

Img_0001本日のランチの前菜。

盛りだくさん♪

前菜だけですでにお腹いっぱい〜

Img_0005そしてメインはハンバーグ。

といっても、ジューシーなタイプではなく、脂が少ないやつ☆

なんだか、昔、イタリアの田舎で、

ひき肉とキャベツを焼いた料理を食べたのですが、

それと同じようなお肉の味がしました。

懐かしい感じがして美味しかったな〜^^♪

 

今日は、もうチョット天気が良ければよかったな・・・。

 

おしまい。

 

2015年12月26日 (土)

LGG菌の働き〜ビフィズス菌を増やす〜②

こんにちは。

トヨエモンです。

 

本日は大掃除をしよう!と思って、まず台所と換気扇、ガス台を朝から掃除。

結局、午前中を費やしました(苦笑)

そして、午後は年賀状を作るのに奮闘。

実は、先日年賀状を作ろうと思ってプリンターを・・・と思ったらない!

そういえば、数ヶ月前に捨てたんだった・・・。

そんなに使わないし、邪魔だしと思ってゴミに。

 

それで、先週はプリンターを買おうと思って家電量販店に寄ったのですが、

色々見る前にメーカーの応援販売の方が早速話しかけてきます・・・。

基本的にトヨエモンは商品の声を聞きたいので、店員さんの声を聞きに

限られた時間のなか店まで行っている訳じゃぁないのです!

うんざりなので、家に帰って結局ネットで注文。

それで受け取る時間がなく、本日やっと来ました・・・。

 

いざ使おうと思っても無線LANになかなか繋がらないわ、

ドライバーをインストールするだけでもYES or Cancelの確認は多いわ、で

親切設計なのでしょうが、本当に迷惑ですね。

結局、年賀状の作成をし始めたのが夕方になりました・・・。

 

 

このままだとただの愚痴になってしまうので本題です。

さて、以前はLGG菌のビフィズス菌を増やす機能について

書かせていただきました→以前の記事はココ

 

ビフィズス菌は善玉菌の代表みたいなものですが、

加齢に伴って減っていきます。

そこで、ビフィズス菌を維持するためには、

1) ビフィズス菌を外から入れる

2) 体内のビフィズス菌を増やす

ということが考えられます。

 

1)は、プロバイオティクスとしてビフィズス菌を摂取することです。

この場合は自分本来のビフィズス菌ではありませんが、色々なエビデンスをもつ

ビフィズス菌が世の中に出ています。

2)は、ビフィズス菌を増やすようなものを摂取したりすることで、

自分本来のビフィズス菌を増やすことです。

LGG菌もビフィズス菌を増やすので、こちらの部類に入るかと思います。

この場合は、自分固有のビフィズス菌が増えることになるので、

トヨエモン個人としては、より個々のナチュラルな腸内フローラが維持されるのでは

ないかと思っています。

 

ただ、1)でも外から入ったビフィズス菌が腸内環境を整え、

自分のビフィズス菌が維持されることも十分考えられます。

なので、どちらの方が善いとか、悪いとかは全く別の問題です。

そして、自分にとって良い腸内細菌フローラとは何か?ということだって

自分自身誰も分かってないことでしょう。 

 

ただ、ヒトは動物のなかでもビフィズス菌優位な種なので、

ビフィズス菌には何かしらの理由があるはずです。

 

おしまい。