« 2018年9月 | メイン

2018年10月

2018年10月13日 (土)

台風24号の影響で諦めたはずが・・・

こんにちは。

トヨエモンです。

 

この時期のトヨエモンの行動と言えば、

チョイチョイこのブログでもUPしている馬入のハゼ釣り。

 

お昼過ぎに急遽釣りに行こうと思い立ち、餌を購入。

釣具屋のオヤジさんに、「最近馬入のハゼどうっすか?」って聞くと、

オ:「ほら、先日の台風でダムがやばかったじゃない!?」

ト:(宮崎に居たから全然知らなかった・・・)

オ:「そのあと、ずっと水が濁ってて食いが落ちてるね」

ト:(餌買う前に聞くべきだった・・・)

オ:「ここんところ海岸のイシモチがいいよ!30センチオーバーも混じるし」

ト:(ハゼ用の準備しかしてないし・・・)

と、いきなり先制パンチを喰らいながらも、

馬入までチャリをこぎこぎbicycle

  

河口に着いてみると、やっぱり水が濁ってる・・・

台風24号が去ってもう2週間近くなるのに、

こんなにも影響が続いているのか。。。

 

しばらく河口を眺めながら悩んだものの、周囲の釣り人も釣れている気配がないsweat01

結局諦めて帰ることにしました。

 

それでも、一度釣りをすると決めてしまった以上、気持ちが収まりません!

一方で、自転車のカゴに収まる道具で釣りに行くという軽い気持ちでハゼ釣りを選んだ以上、

イシモチ用にちゃんとした準備をわざわざしたくもありません。

(30cmのイシモチをちゃんと釣る気なら、それなりの準備は必要です)

悩みに悩んだあげく、

『コンパクトロッドでチョイ投げ。何か釣れればラッキー!

でっかいイシモチがかかったら諦める! !』プランで自分の心を整理(笑)

いざ、海に向かいます。

 

海に着いてみると、

(あれ?めっちゃ水が澄んでる・・・)

イシモチは基本的に水が濁っている方が釣れます。

不安がよぎります。

 

ここまで来たら釣るしかない!

準備して、餌をつけて、おりゃッ!!

仕掛けを投げます。

コンパクトロッドなので、せいぜい数10メートルしか飛びませんsweat01

 

すると、一投目からアタリが・・・!

Img_4158

いきなり良い型のキスhappy02

 

まあ、こんな近場でキスが釣れるなんてマグレだろうと思いながら

もう一回投げてみると、またキス・・・

 

Img_4159

2時間くらいでこんな感じで釣れましたwobbly

大きいやつは20センチ超えてます。

投げるたびにアタリがあったので、

トヨエモンの腕が良ければもっと釣れたでしょう(笑)

まあ、独り身にはちょうど良いくらいですかね!?

 

そして、釣ったあとに必ず待っているのが『裁き』ではなく『捌き』。

一気に家の中が魚臭でいっぱいになります。。。

 

とりあえず全部さばいて、今日の分は塩焼きと刺身にnote

キスといえば天婦羅が常套手段。

塩焼きと刺身にするのは初めてです。

 

まずは塩焼き。

Img_4160

(なぜかカレー皿(笑))

 

サンマとかと比較すれば淡泊ですが、意外に旨味があります。

ただ、以前一夜干しにしたことがあって、その時の方がベターだったような。

より旨味が引き出されていたような気がしますね。

あと塩焼きなら、真ん中にいるクロダイの子供(呼び名はチ◯チ◯(笑))

の方が美味しいと感じたせいもあるかもしれませんね。

 

 

そして刺身。 

Img_4161

(真ん中は卵!塩振って少し置いてあります)

 

まず食感がバツグンです。

そして醤油をつけると、なんとも言えない甘みを感じます。

塩、塩&レモンなども試してみましたが、

トヨエモンの好みだと完全に醤油ですね!!

 

トヨエモンは甘いと感じましたが、全く脂感はないので、

おそらく旨味をそのように感じているのかもしれません。

 

とにかくキスの刺身は釣り人の特権。

次に釣れた時も、絶対刺身にしようと思います。

それくらい美味かった!!

 

と、なんだかんだで台風24号のおかげでハゼ釣りができなかったものの、

シロギス釣りを楽しむことができました。

 

 

おしまい。

 

2018年10月 9日 (火)

マリア先生の講演に参加しました!!

こんにちは。

トヨエモンです。

 

本日は東京都助産師会館で行われたマリア先生の講演を聞きました。

いきなりマリア先生って言われても知らん!と思われた方いますよね・・・!?

はい・・・このブログで一回も紹介したことはないです。

(本当は、この記事でちょっとだけ論文を紹介しています笑)

 

マリア先生の本名は、Maria Carmen Collado博士。

現在はスペインの研究機関でバリバリやっている方です。

そして、フィンランドTurku大学のSeppo Salmine先生のもとで

プロバイオティクスの研究を長年されていました。

あと、余談ですが、スペインには同姓同名の

有名な水泳選手もいるみたいです(どうでもいいかな・・・笑)

 

さて今回、マリア先生は『母乳がいかに大切か!』ということを話されていました。

特に母乳には、粉ミルクに入っていないたくさんの種類の生理活性物質が含まれており、

こういった生理活性物質を網羅した粉ミルクを製造することは、

まず現実的ではないらしいです。

それだけ母乳というのは重要で、さらにその質が赤ちゃんの発達に重要だということが

よく解りました。

 

また、これはよく言われていることなのですが、

やはり赤ちゃんが産まれてからではなく、

生まれる前からのケアというのがかなり重要になってくると・・・

さすがに、出産の前日に急に生活スタイルを変えてもダメみたいです。

 

つまり、毎日の心がけが重要ってことですね。

ただ、そんなに毎日張り詰めてもいられないので、

妊娠がわかった時点で、赤ちゃんへの影響を考えていくっていうのが

基本みたいです。

 

もっと、色々と詳しく書きたい気持ちもありますが、

どんどん長くなってしまうので、今日はこれまで。

 

Img_4155

おしまい。