« 台風12号 | メイン | プレッシャー(笑) »

2018年8月 1日 (水)

たまにはGGの論文の話・・・

こんにちは。

トヨエモンです。

 

今日で8月に入りました。

とにかく暑いです・・・暑い、暑い、暑い!

それしか言葉が出てこないくらい暑いんです!!

熱中症リスクが相当高いみたいなので、皆様、

水分と塩分のバランスには気をつけてください!、と

当たり前のことしか言えません・・・

 

さて、久しぶりに文献データベースPubMedで

"Lactobacillus" "GG"をワードに検索してみると、

1163件ヒットしましたsign01

相変わらずのヒット数ですね。

 

その中でいくつか気になったのがありますが、

今日はその一つについて・・・

 

 

その論文が、Spacovaらの

『Intranasal administration of probiotic Lactobacillus rhamnosus GG

prevents birch pollen-induced allergic asthma in a murine model.』

  

 

過去に、喘息に対するプロバイオティクスの良い効果ってみたことがないのですが、

(トヨエモンの勉強した範囲では・・・)

この論文、ちょっと気になりました。

 

ただ、Lactobacillus GGの

樺の木の誘発するアレルギー性の喘息に対する効果の論文なので、

かなり限定的です。

しかも、動物試験の結果ということに加えて、論文の要旨には

この文献は著作権に保護されていると。

要するに結果がすぐには見られない・・・

 

少し前に開催された日本アレルギー学会の際に、

近くのブースで出展されていた方とも話したのですが、

なかなか喘息に対するプロバイオティクスの効果ってないんです!!

 

トヨエモンも喘息持ちなんで、結構このあたり気になるんで、

学会では盛り上がって話ができるんですけど、普段の生活では

あまりピックアップされないんですよね・・・

 

おしまい。