« 2018年5月 | メイン

2018年6月

2018年6月16日 (土)

断捨離

こんにちは。

トヨエモンです。

 

ここ最近、休日に更新をしようと思っていながら、

なかなかそれができません。

その理由が、ずっと家の掃除と片付けをしているから・・・(笑)

 

・・・って、実際は笑い事ではないんです。

というのも、昨年の夏に降り続けた長雨に加え、

長期出張で部屋に風を通せなかったおかげで、

かなりの物がカビてしまったのです・・・coldsweats02

 

しかも、GWに一気にやる予定だったのが台湾行きになってしまい、

土日と、平日に代休取ってひたすら片付けsweat01

カビをとったり、環境センターに粗大ゴミを持って行ったり、

新しいものを買ったりと、それだけですぐ1日が終わってしまいます・・・。

 

で、もう捨てるものが多すぎて、逆に徹底的に捨ててやろうと断捨離を決意!

家にあったモノの半分くらいを捨ててやりました!!

部屋もだいぶスッキリshine

サーフボードだけはスペースを取っていますが・・・

そういえば、出張中は最低限の物しか無いシンプルな生活なので、

それはそれで楽だったなぁ〜

 

あと、なんか捨て始めるとテンションが上がるのか、

どんどん捨てたくなります。

かなり思い出の品とかも捨てました。

アルバムとかも捨てようとして、

どうにか思い留まりましたsweat01(危なかったな・・・)

 

ただ、モノと一緒に、記憶や思い出もなくなってしまうのか、

どんどんドライな人間になっていく気がしますgawk

(「◯◯さん結構ドライですよね!」ってよく言われますけどねsweat01

 

そのうち、このブログも断捨離しそうな自分が怖い・・・

 

 

おしまい。

 

Img_3842

知り合いの農家さんが茅ヶ崎の朝市に出店してるのを知り、

買いに行ってきました(笑)

2018年6月 3日 (日)

腸内細菌学会 in 2018

こんにちは。

トヨエモンです。

 

時が流れるのは早いもので、

2018年になってもう半年近く過ぎてしまいました。

そして、5月はブログの更新がたった1回と

今年はブログの更新頻度が非常に悪い!!

少しペースを上げていかないとですね・・・

 

さて、今年は腸内細菌学会に行ってきました。

何年ぶりだろ???

 

今年で22回を迎える腸内細菌学会。

テーマは、

『宿主ー腸内細菌相互作用

 ー双方向制御の分子メカニズムに迫るー』

ということで、

江戸川区にあるタワーホール船堀にて、

5月31日、6月1日の2日間で開催されました。

Img_3821

(2日目は朝から晴天sun

Img_3820

  

参加者は600名を超えたとのことで、

5月31日の午前中は、一般演題の発表が

大小2つのホールに分かれていました。

この参加者数をみても、腸内細菌に対する注目度が

どんどん上がっていることがわかりますね!!

 

Img_3818

(こちらは大ホール)

 

で、トヨエモンは、若手が多そうな小ホールの一般演題Aを聴講。

久しぶりの学会で珍しく全部真面目に聞いてしまいました(笑)

そう、ここ数年、乳酸菌学会、腸内細菌学会、食品免疫学会ともに

ほとんど参加できなくて、ちょっと楽しかったんですnote

   

また、この日の午後イチには、

ルクセンブルクから来られたMahesh Desai博士による

海外特別講演がありました。

 

印象深かったのは、繊維の少ない食事をしていると、

近年善玉菌として注目されているAkkermansia muciniphilaという腸内細菌が増え、

こいつらが腸管のバリアを担っている粘液層のムチンを食べてしまい、

結果として病原菌の侵入を許し、感染リスクが高まるというお話。

 

Akkermansia muciniphilaは、特にメタボリックシンドローム関連では

その効果が非常に注目されている腸内細菌で、

基本的にはこの細菌が多いと良いと言われていますが、

増え過ぎればダメってことなのでしょう・・・

 

 

2日目の午前中は、腸管上皮にあるM細胞という免疫に関わる細胞をテーマに、

5名の先生方が講演されましたが、ただでさえM細胞について知らないのに、

英語のセッションで、さっぱりチンプンカンプンdash

「ちゃんと聞いとくぜ!」と偉そうにタケサブローに言ったものの、

ちょっとトヨエモンには荷が重すぎましたね・・・

 

 

今回、久しぶりに行って感じたのは、

ほとんどの発表が次世代シーケンサーで腸内細菌叢の構成比を出し、

そして主成分分析(でいいのかな?)して何らかの見解を得るという、

ある意味、テーマは違えどみんな同じようなことをやっているな〜、という印象でした。

そして、こっちの発表ではBacteroidesが善玉であるけど、あっちの発表では悪者であったりと、 

私たちの腸内は複雑で、且つ小さなバランスの積み重ねで、

大きなバランスが保たれているんだろ〜な〜、と改めてその凄さを感じました。

 

そして、いろいろなことを踏まえて、一言でまとめるなら、

「めんどくせーdash

 

 

おしまい。

 


Img_3822

 

Img_3823

Img_3824

今年はピーマン、イエローアイコ、アイコの3本立て・・・

のはずだったのが、

昨年落ちた実から芽が出てきてしまい、

アイコがさらに3本増えてしまったsweat02

そして、連作障害が心配です・・・