« 2015年1月 | メイン | 2015年4月 »

2015年2月

2015年2月13日 (金)

こんにちは。

トヨエモンです。

先日、タケサブローが寒い寒いレポートをしてくれましたが、今日は横浜も寒かったです。

風も強いし雪も散らついていました。

この寒気の影響で、トヨエモンのふるさと厚木市では本日竜巻が発生したらしく、ニュースをみてビックリしています(藤沢でも発生したらしいです)。

そういえば、数年前には第二の故郷・茨城でも大規模な竜巻が発生しましたし、なんだか最近の異常気象には複雑な気分です。

 

さて、寒さつながりの話題として、トヨエモンは最近気付かないうちに指を負傷していました。

この間、茨城で久々の波乗りをしたのですが、水も冷たければ、海から上がっても寒い。

手もかじかんでて、いつ突き指(?)捻挫(?)したのか分かりません。

帰りの運転で体が暖まってきたら、急に指が痛みだしました。

ウェットを脱いだときにやったのか?海に入っているときにやったのか?

ただ、凍傷しても気付かないというのは、よく解りました。

冷えきっていると、本当に痛みって分からないものですね。

皆さんも寒い時はしっかり防寒して下さいね!

特にクソ寒い日に(言葉が汚いですが…)なま足出してる女子高生やギャルを見ると、トヨエモンおじさんは心配で仕方ありません。。。

 

だいぶ前置きが長くなりましたが、論文関連の情報として、”肥満のマウスにLGG菌を投与すると呼吸器のTh1タイプの免疫が上昇する”という論文と、”中高齢者に対するTMC0356乳酸菌の投与が免疫を上昇させる”という論文が、現在論文データベースPubMedで公開されています。

肥満の人は、通常の人より免疫が低下するため、インフルエンザに感染しやすいという報告があり、今回は動物試験にて肥満の肺に対する免疫への影響を調査しています。

実際、LGG乳酸菌を投与することで、免疫に関連するパラメーターが上昇します。というよりは、むしろ正常に戻すという方が正しいですね。

 

後者の方は、人間は歳をとるにつれ体力だけでなく、免疫力も落ちていくのですが、TMC0356を摂取すると、免疫力の若返り(元に戻す)に働くというような報告です。

 

どちらも弊社での研究となります。

まだ、オンライン公開前ですが、すでに論文として認められた状態となっておりますので、この場で紹介させて頂きます。

 

それでは、明日はイイ波がくることを祈るトヨエモンでした(笑)。

あと、皆様には良いバレンタインデーがくることを祈ります!

ついでに、チョコにはタカナシ乳業の生クリームを忘れずに!!

 

おしまい。 

2015年2月10日 (火)

健康大国フィンランド

こんにちわ、タケサブローです。

先日、フィンランドにお仕事で行ってまいりました。

フィンランドといえば、

ムーミン、サンタクロースやトナカイ。白夜やオーロラなど幻想的な世界が広がる国ですね。

健康志向の強い国でもあり、虫歯予防のキシリトールを常備携帯していたり、

ジムやジョギングで汗を流す人がとても多い国です。

実際に滞在中、太っちょの人をほとんど見かけませんでした。

また、フィンランドには伝統的な健康法が存在します。スノーローリングというらしい。

旅番組やCMでお見かけしたことがある方もいらっしゃると思いますが、

サウナに入った後、雪の上にねっころがるというやつです。

タケサブローとナンポウ先生もスノーローリングを体験しました。

現場はこちら…↓

Photo

スノーローリングという楽しそうな名前とは裏腹、湖のほとんどに厚い氷が張っており、

一部穴があいているのがおわかりになりますでしょうか?

そこに奇声をあげながら飛び込むわけです。

死ぬかと思いました…。

フィンランド人いわく、繰り返すことで血行を良くし、健康と美容を得ることができる!

日本にも雪見温泉があるじゃないか!それと一緒だ!

と言っていたと思いますが、

それどころじゃなかったので、ダッシュでサウナに逃げ帰りました。

(確かに3回目くらいになると段々身体の芯からポカポカしてきます)

貴重な体験をさせていただきました。

機会がありましたら是非ご体験下さい!

今日はこれまで。

2015年2月 8日 (日)

ピリりん

こんにちは。

トヨエモンです。

 

唐突ですが、下のキャラクターの名前をご存知ですか?

01_4 

コイツの名前が、知る人ぞ知る「ピリりん」です。

 

実は弊社から「LGG乳酸菌のチカラ」という冊子を発行しているのですが、その中に出てくるキャラです。

ただ、トヨエモンは、この冊子がどの程度発行されているのか把握していないので、あまりお目にかかることはないのかも知れません。

ケンノシンは色々なところで配っているようなので、彼の方がよく知っているでしょう(笑)

 

ただ、冊子を持っている人も、ピリりんの名前は知りません!

なぜなら、発行される前に”ピリりん”の名前が冊子から削除されてしまったため、ほとんどの人がコイツの名前を知らないのです。不遇なピリりん・・・。

ということで、今回、トヨエモンが勝手に名前を世に出すことにしました。

 

さて、ピリりんの名前の由来はもちろん、LGG菌に特徴的なピリ(線毛)からです。

ピリについてはココのページで紹介していますので、是非見てください。

ピリは、LGG菌のカラダからいっぱい伸びています。

ピリりんもいっぱい持っています。

 

ちなみに、ピリりんは自分の体のピリを自在にあやつり、色々なバージョンに変身します

02

・・・と、勝手にトヨエモンは思っていますが、作者の意図は違うかも知れません。

そして、おそらく左からパパ、娘、息子、ママのバージョンです。

ちなみに、フィンランドValio社が出した動画では、ピリは鞭になっています。

早くピリりんのキャラを設定あげないとですね!

 

もし、冊子を手に入れた方がいたら、そーっと「ピリりん♪」と声をかけてあげて下さいね☆

おしまい。

2015年2月 5日 (木)

雑誌「細胞」にLGG菌の記事が掲載されています!

こんにちは。

トヨエモンです。

 

またまた、雑誌の紹介で申し訳ありませんが、ニューサイエンス社から発刊されている

「細胞」という雑誌(2月号)に、ヨーグルトに含まれたLGG菌のタンパク質が腸管に与える影響についての記事が掲載されています。

雑誌の紹介はこちら

このブログでもたびたび紹介させて頂いていますが、LGG菌は二種類のタンパク質をヨーグルトの中でも分泌しています。

このタンパク質は、腸管上皮細胞の機能を調節し、さまざまなストレスから腸管を保護する役割をもっていると考えられています。

そんな内容が、日本語で解かり易く(!?)書かれていますので、興味がありましたら是非!!

 

おしまい。

2015年2月 3日 (火)

花粉症改善作用に関する雑誌が発刊されました!

こんにちは。

トヨエモンです。

 

「アレルギーの臨床」(北隆館)の2月号に、LGG菌とTMC0356菌(ガセリ菌の一種)による

花粉症改善効果に関する記事が掲載されています!!

雑誌の紹介は→ こちら

 

LGG菌とTMC0356菌を含んだヨーグルトを摂取すると、鼻の症状が軽減されることが

解かり易く紹介されている他、腸内のビフィズス菌が増えることも紹介しています。

アレルギー疾患をもつ人の腸内細菌叢は、疾患のない人と異なっていることが

報告されていて、これらの乳酸菌によって腸内細菌叢が改善されることが、

アレルギー症状の緩和につながっていると考えられています。

 

おしまい。