« 2014年8月 | メイン | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月24日 (水)

LGG菌とTJ⑤

こんにちは。

トヨエモンです。

 

さすがに、今回でLGG菌とTJシリーズを終わらせましょう!!

トヨエモンも飽きてきました・・・。

さて、前回はTJが細胞の周囲をぐるりと囲んでいて、隣合う細胞同士を強固に結びつけていることを説明しました。

つまり、TJは「細胞の絆(キズナ)」を保つ重要な要素なんですね!!

 

さて、このキズナを破壊するものとして、

・     細菌による感染

・     アルコール

・     炎症性サイトカイン

・     酸化ストレス

など、様々な要因があります。

 

これらの要因に対してLGG菌はTJを保護し、キズナを保つ効果があることが報告されています。

 ● 病原性大腸菌O157:H7によってTJが破壊されるのを抑制する(細胞試験)※1

 ● アルコールで誘発される腸管上皮の透過性上昇を抑制する(動物試験)※2

 ● 炎症性サイトカイン(TNF-αとインターフェロンγ)によって誘発されるTJの破壊を抑制する(細胞試験)※3

※1 Johnson-Henry et al. Infect Immun (2008)

※2 Forsyth et al. Alcohol (2009)

※3 Donato et al. Microbiol (2010)

 

さらに、ヴァンダービルト大学とタカナシ乳業の共同研究では、LGG菌が分泌しているタンパク質が、酸化ストレスからTJを保護することが分かっています。

Control普通のYAMC細胞(マウス由来の腸管上皮細胞)。赤く染まっているのは、TJを構成するタンパク質の一種であるZO-1。

H2o2酸化ストレスを与えたYAMC細胞。TJが壊れ、ZO-1が細胞内に入りこんでいます。

H2o2lggLGG菌が分泌しているタンパク質を含んだ発酵乳の上清を、事前にYMAC細胞に与えてから、酸化ストレスをかけたYAMC細胞。TJが保たれているのが分かります!!

出典: Yoda et al. Eur J Nutr (2013)

今回はYAMC細胞での結果を紹介しておりますが、ヒト由来の細胞や動物試験でもTJが保護されていることが分かっています。

そして、これらの結果によって、LGG菌の摂取が炎症性腸疾患(IBD)の予防や治療に繋がることを期待させます!!

おしまい。

2014年9月21日 (日)

釣り in 千曲川(長野)

こんにちは。

トヨエモンです。

さて、先週の日曜日に長野へ行ってきました。

またしても善光寺へは行くヒマがなかったのですが

(単に面倒臭かっただけですが・・・)

今年はあまり釣りに行っていないということで、

千曲川にハヤ(ウグイ)でも釣りに行くか!ということで、

プラ~っと行ってみました。

エサはコンビニで買った魚肉ソーセージ!!

そこで釣れたのがコレ↓

20140914_160341

なんとスモールマウスバスの子供でした・・・。10cmくらいです(笑)

コイツらは外来種でブラックバス(ノーザンラージマウスバス)と同じ仲間ですが、

ブラックバスより泳ぐ力が強く、冷たい水にも強いといわれています。

結局、いたるところでバスがバイトしていて、かなりの数がいるようでした。

昔はトヨエモンもよくバス釣りをしていたので、その面白さも解かりますし、

一方で、それがもたらす生態系の変化について、考えさせられますし、

なんだか色々な意味で複雑な気持ちでした・・・。

20140914_174602夕方の千曲川。キレイでした☆

おしまい。

2014年9月18日 (木)

LGG菌とTJ④

こんにちは。

トヨエモンです。

 

かなりブログ更新をサボっておりました。

しかし、その間にタケサブローがUPしてくれていたではありませんか・・・。

感動です!!

 

さて、すっかりタイトジャンクション(TJ)関連の記事を

更新するのを忘れていました。

おそらく、ブログの読者はTJがどんなモノかも忘れていると

思いますが・・・(笑)。

 

これまでは下の図のように、腸管上皮細胞を横から見ていました。

なので、細胞が横に一列に繋がっているように見えます。

Barrier

でも実際は、細胞は複数の細胞と隣り合っていて、下の図のようにモザイク状に

並んでいます。

1_2


 

なので、真上から(真下からも)見ると、以前紹介した写真のように

見えるわけです。

Tj_occuldin

そして、TJとは複数のタンパク質からなる帯のようなもので、

下の図の矢印で示したように一つの細胞の周りをグルッと囲んでいます。

2_2

そして、それぞれの細胞のTJ同士がピタッとくっついて、

前後左右の細胞同士をくっつけています。

なので、TJのタンパク質を染めると、細胞の縁が染められて、

細胞の形になるんですね!!

 

つづく。

 

 

2014年9月 4日 (木)

乳酸菌とビフィズス菌って違うの!?②

こんにちわ。
タケサブローです。


前回、ビフィズス菌と乳酸菌の特徴について触れました。

ざっくり、若干違いはあるけど結構似ているねって
いう結論に至るヒトも多いのではないでしょうか。


今回は、分類学的にどうなんスか? という点についてです。


乳酸菌の1つである LGG は
ファーミキューテス門っていう門下生です。


一方、ビフィズス菌の1つ Bifidobacterium breve は
アクチノバクテリア門っていう門下生です。


門レベルで違う生き物なんですね。
じゃあ、門レベルで違うってのはどのくらい違うのか?? 


というと... 
ヒト と ナマコ くらい違う、ということになるそうで。

( ヒトは脊索動物門、ナマコは棘皮動物門 )

そういえば、以前トヨエモンが見事なナマコを釣り上げてましたね。
腸管バリアとLGG菌(番外編:ナマコの巻)


写真を見ながら、
 
乳酸菌とビフィズス菌のように
見た目が似ているところはないか...と比べた結果、



仲間だと思うことができませんでした。


共通点は、私も彼も胃腸があることでしょうか。

ただ、昔からナマコに魅了されたヒトはとても多いのです。
食べるくらいだし。

正岡子規、夏目漱石、宮沢の賢治さんも作品にナマコを登場させています。
いったいナマコの魅力とはなんでしょうか!?


何の話をしているのかわからなくなってきましたので、
今日はこれまで。


訂正: 前回のブログ内の表最下部のGC含量について
乳酸菌の中にはGC含量低め(24-50%)の菌と高め(50%以上)の菌がおり、
ビフィズス菌は高め(55%)が一般的でした。
謹んで訂正させていただきます。