« LGG菌とTJ① | メイン | 梅雨入り・・・ »

2014年5月30日 (金)

LGG菌とTJ②

こんにちは。

トヨエモンです。

 

さて、前回より腸管バリアシリーズのタイトル名を変えて、

LGG菌とTJシリーズとしました!!

気分一新と言いたいところですが、実はLGG菌の研究関連の記事を書いても

「難しくてよく解からない!」と、トヨエモンの周りの人達からはあまり評判が良くないです・・・(涙)。

 

前シリーズから何度も挫折しかけましたが、一応、このブログの立ち上げ理由が

“LGG菌の研究について解かりやすく説明しろ!”ということなので、めげずに続けてみます・・・。

正直、「そんなに解かりやすく説明できる研究がいっぱいあるなら

自分で論文読んだほうが早いよ!!」って愚痴りたいです・・・

というか、すでに言っちゃってますケド・・・(笑)

 

実際、自分の専門分野と少しでも離れた論文になると、一気に読むスピードが落ちます。

そして内容を理解するために、さらに他の文献を読んで・・・ということになり、

結局膨大な時間が必要になってしまうんです。

(単にトヨエモンの知識が少なすぎるだけという話もありますが・・・)

 

さて、気をとりなおして、元に戻します!!

 

まず、“TJとは何か?”とサラっといいますと、

タイトジャンクションのことです(Tight Junction、略してTJ)。

日本では“密接結合”とか“タイト結合”とも言われるようですが、

私は「密接結合!!」とか呼んでいる人を見たことはありません。

 

下は腸管バリアシリーズ①で紹介した図ですが、

右下にタイトジャンクションとありますね。


Barrier_small

 

隣り合う細胞同士がタイトに結合している部位なので、

タイトジャンクションと呼ばれています。

この部位で細胞と細胞の隙間を埋めることによって、

異物が体内に侵入するのを、「物理的」に防いでいるのです。

 

だいぶ愚痴が長くなってしまったおかげで疲れてしまったので

本日はこれまで(笑)

 

 

つづく。