« 腸管バリアとLGG菌④ | メイン | 腸管バリアとLGG菌⑤ »

2014年2月28日 (金)

腸管バリアとLGG菌(番外編:ナマコの巻)

こんにちは。
トヨエモンです。

前回、前々回とアカデミックな話ばかりだったので、
今回は箸休め・・・ということで番外編です。

実は、年明けに暇つぶしに近くの港へ釣りに行ったのですが、
そのとき釣れた(引っかかった???)のが、コレ↓

20140119_112950
そう、ナマコです(笑)

どっちが口で、どっちが肛門か分かりませんが、
ちゃんと胃、小腸、大腸があるんだそうです。(知らなかった@。@!)

ナマコって海の中で触ると、変なウニョウニョしたものを吐き出します。
それがナマコの腸です。
ナマコは威嚇するために腸管を吐き出し、それを囮にして危険を回避します。
つまり、外敵から身を守るためのバリアとして・・・

・・・んっ!?
腸管バリア???
しかも、腸管自体を使ってしまうという腸(超)荒技!!(笑)

とっぽい姿をしておきながら、ものスゴイ大胆なヤツなんですね~。

ちなみに、腸は時間が経つと再生するんだそうです。

(※ 本来の腸管バリアとは全く意味が違うのでご注意ください!!)

結局、このナマコちゃんは荒技を見せてくれることはなく、
真っ赤に膨れて怒るばかりで(最初から赤でしたが・・・)
とても話ができる状態ではありませんでした。
なので、頭を冷やしてもらうためにも、冷たい海にお帰りいただきました。

その日の夕方、近所のスーパーでは同じ位の赤ナマコが
海水の入ったビニルに生きたまま売られていました。
498円・・・。
意外にいい値段だったのでビックリ!
エサ代くらいにはなったのかと思うと、ヤケにナマコ酢が食べたくなった
トヨエモンでした☆

おしまい。